毎年、冬の始まり頃に訪れる
恐怖の病気、インフルエンザ。

これにかかってしまうと数日間
鬼のように苦しく、意識も朦朧としてしまうので
絶対にかかりたくない病気ですよね。

このインフルエンザの予防として効果が高いのは
やはり予防接種の注射でしょう。

yobouseshu 300x200 インフルエンザの予防接種はいつからが効果的?

おそらく、学生の頃に
受験シーズン前に、注射した覚えがあるのではないでしょうか。

そのインフルエンザの予防接種って
いつから始めればいいか、知ってますか?

子供の頃は親まかせで、覚えてなかったので
ちょっと調べてみました。

スポンサードサーチ

インフルエンザの流行時期

インフルエンザ=冬というイメージはありますが
実際に流行りだすのは、いつ頃か
ハッキリと知っておいたほうが、いいですよね。

さすがに周りで、流行りだしてから予防接種をしたのでは
間に合わない可能性も、かなり高くなってしまいますし。

しっかりと時期を読んで、予防しましょう。

infulenza 300x210 インフルエンザの予防接種はいつからが効果的?

インフルエンザが流行りだすのは
ここ数年では、2月~3月位のことが多いです。

これは近年での流行トレンドで
基本的には、12月~1月に流行るものでした。

ちなみに早い人だと、11月には
インフルエンザに罹ってしまうひともいます。

僕は子供の頃、身体が弱かったので
やはり早い時期の、11月半ばくらいには
インフルエンザを貰っちゃってました(´・ω・`)

 

予防接種も打ったら、即効で効くわけでもないので
余裕を持って、10月半ばには済ませておきたいですね。

では、実際にインフルエンザの予防接種を受けるのは
いつからがいいのでしょうか。

 

予防接種はいつから受ければいいのか

テスト勉強を直前にやっても、良い点数が取れないように
しっかりと、インフルエンザを予防するためには
余裕を持って、予防接種を受ける必要があります。

なぜなら、インフルエンザの予防接種は
接種後、1~2週間かけて抗体が上昇していくからです。

ですので、接種直後はそこまで差がない状態
といえるわけですよ。

 

また、可能であれば、予防接種は
2回受けるのが理想と言われています。

これは、2回受けることによって
免疫がより上昇するため
予防効果が飛躍的にたかまるから、という理由があるからです。

どれくらい予防効果が高まるのかというと
1回目の予防接種での予防効果は、64%なのに対し
2回目の予防接種をすると、94%の予防効果が見られるのですよ。

やー、分かりやすいほどに
予防効果が上昇してますね。

1回だけ予防接種をしても、3回に1回は
インフルエンザになることを考えると
ケチらずに、2回受けたほうがよさそうに思えます。

キツすぎて何も出来ないから
会社を休んだとしても、損した気分にしかなりませんしねw

 

ちなみにこの2回目を受けるタイミングは、1~4週間後なので
受験生などの、絶対にインフルエンザになれないひとは
しっかりと、2回予防接種を受けたほうが良いですね。

いまのインフルエンザワクチンは
インフルエンザA型の2種類(ソ連型、香港型)とB型の
3つのインフルエンザに対しての免疫をつけることが出来ます。

なので、種類は気にせず
打ってしまえば、ひとまずは安心ですよ。

 

子供はいつから受けさせよう

自分のインフルエンザ予防も大切です。

ですが、お子さんがいらっしゃる方であれば
自分以上に心配、という人も多いでしょう。

特に子供は、体力がまだ無いので
症状が酷くなってしまう事もありますからね。

 

ですが、子供があまりにも小さすぎると
抗体がまだ出来上がっていないため
予防接種を受けることが出来ません。

抗体ができていないのに打ってしまうと
逆に害にしかなりませんからね。

では、子供のインフルエンザの予防接種は
いつから始めればいいのでしょうか。

 

こらは医療機関によって、変わるケースがありますが
一般的には、生後6ヶ月後からだと言われています。

ですが、生後3ヶ月も経てば抗体がつき始めるので
3ヶ月から予防接種をするところもあります。

このあたりは、先生の判断次第といったところでしょうか。

influenza Baby. インフルエンザの予防接種はいつからが効果的?

また、赤ちゃんはとくに抵抗力が弱いので
子供だけでなく、家族みんなが予防接種をしっかりと受けて
うつさないようにしてあげるのが一番ですね。

正直、赤ちゃんが苦しそうに
ゴホッゴホッと咳き込みながら、泣いている姿は
こちらの胸が締め付けられそうになります(´;ω;`)

 

家族全体で予防接種をしっかりとやって
インフルエンザに対して万全の備えで
冬を迎えましょう。

健康は何よりの宝物ですからね!