インフルエンザの特効薬といえば
タミフルが、効果も高くて有名ですよね。

ですが、同時に副作用も有名なので
使うのに心配になるかもしれません。

実際のタミフルの副作用や効果
いったい、どのようなものなのでしょうか。

tamiflu fukusayou 300x454 タミフルの効果と副作用 頭痛や幼児の異常行動は?

 

病院に行ってインフルエンザの診断があれば
タミフルを処方されますよね?

最近では、注射も開発されました。

 

でも、本当にタミフルって効果があるの?
と考えてしまいませんか。

また、薬をもらうときに
タミフルの副作用を聞いて
大丈夫かな?と思うことはありませんか。

 

そうはいっても、先生が処方してくれたからと思いながら
飲んでいる人がほとんどだと思います。

ここでは、タミフルの効果や副作用、使用方法など
について簡単にお知らせしたいと思います。

スポンサードサーチ

 

タミフルの効果

タミフルには、どんな効果があって、
インフルエンザに対して、どのように作用するのか?

これが、まず知りたいはずですよね。

 

タミフルの作用としては、
インフルエンザウイルスA型・B型に感染した時に
体内で増殖させないための薬です。

 

タミフルの主な効果としては

  1. インフルエンザの症状における合併症を抑える。
  2. 症状が出ている期間をなるべく短くする。

の2つです。

 

つまり、タミフルの効果というのは
実は、インフルエンザウイルスを殺す
というわけではありません。

つまり、みなさんが知っている
抗生物質とは違うってことです。

 

それなら、飲む必要ないのでは?
と思うでしょう。

でも、何日も熱が下がらないより
早く下がったほうが楽ですよね。

「飲めば、すぐにインフルエンザが治りますか?」
とよく聞かれますが
どの病気も、薬を飲んですぐには治りません。

しばらくは、安静にすることをおすすめします。

 

タミフルの効果的な飲み方

では、タミフルを使うとして
いつ飲んだら、効果的なのか?

それは、インフルエンザ発症48時間以内
という時間ですね。

 

タミフルの服用には制限があり
風邪薬のように、すぐには処方されません。

そのため、インフルエンザになったとしても
病院での検査が必要となります。

その検査で、陽性となれば
タミフルが処方されるのです。

 

大人の場合
黄色と白のカプセルで、タミフルが処方されます。

幼小児の場合
粉のドライシロップ剤のタミフルを、体重で計算して処方されます。

 

面白いことに、タミフルには2種類の形状があるのですね。

どちらも3日~5日間服用しますので
処方された期間は、必ず服用してください。

tamiflu fukusayou syrup 300x225 タミフルの効果と副作用 頭痛や幼児の異常行動は?

 

しかし、インフルエンザの簡易検査をやったとしても
発症後24時間以上経過していないと、
陰性で出てしまうことがあります。

本当に困ったものですが・・・。

でも、医師から適切な薬を処方されますので大丈夫です。

 

また病院によっては、インフルエンザであっても
タミフルが処方されないこともあります。
(持病や体質・病院施設で使用する薬なども異なるので…)

それに、インフルエンザC型には効果がないので
処方されません。

 

ちなみに、インフルエンザになった後だけでなく
予防投与としても、タミフルは効果があります。

いざというときに備えて
あらかじめ、使っておくというのもアリかもしれません。

 

タミフルの副作用

タミフルの副作用で報告されているものは
腹痛・下痢・嘔気などです。

これは発生頻度の多い副作用です。

 

しかし、一番不安に思っているのは
ニュースで話題になっている副作用
タミフル服用での異常行動ではないでしょうか。

異常行動については
発生頻度がわからない、タミフルの副作用として
添付文書に記載されています。

報道されているので、不安になると思いますが
むやみに不安にならないことが一番です。

 

薬を服用した人の状態をなるべく見守り
冷静に判断することが、一番大切です。

実は、私の息子も異常行動がでてしまいましたが
すぐに医師に相談しました。

このタミフルの副作用は
幼児などのほうが、現れやすい傾向にあるようです。

子供に使用する際は
注意して、様子を見守ったほうがいいでしょうね。

 

頭痛はタミフルの副作用か?

ちなみに、よく頭痛もタミフルの副作用では?
なんて質問を受けることがあります。

 

ですが、薬局から貰える、使用上の注意などにも
副作用の覧に、頭痛とはかかれていません。

つまり、もし頭痛が出てきたとしても
それはタミフルの副作用ではないのですね。

おそらく、インフルエンザの症状のひとつでしょう。

 

そうなると、今度の気がかりは
タミフルと頭痛薬を併用しても大丈夫
ということですよね。

これに関しては、ちょっと複雑になります。

 

まず、ロキソニン系の頭痛薬
タミフルと併用しても問題ありません。

ただし、ロキソニンには解熱作用も含まれるので
必要以上に、熱を下げてしまうことになります。

インフルエンザウイルスを殺すためには
ある程度の熱が必要なので
熱を下げすぎてしまうと、インフルエンザも長引いてしまいます。

そう考えると、頭痛が出たとしても
ほかの頭痛薬を併用したほうがいいでしょうね。

 

ボルタレンやアスピリンなんかは
インフルエンザ脳症に繋がるリスクがあるので
インフルエンザのときには、飲むべきではありません。

そう考えると、おすすめの頭痛薬は
アセトアミノフェン系、あるいはイブプロフェン系
あたりを使うといいでしょう。

市販薬で言うとカロナールや、イブプロフェン
といったところですね。

 

まとめ

タミフルの効果や副作用については
ある程度、わかったでしょうか。

しっかりと、効果や副作用を理解した上で
そのときにタミフルを使ったほうが、
効果的に飲むことができますからね。

 

もしかしたら、副作用の話を聞いて
ちょっと心配になっているかもしれません。

ですが、タミフルに限らず
どの薬も副作用があります。

あまり、過剰に心配してしまし
薬を全く飲まない
というのも、賢い選択ではありません。

 

タミフルは使うけれど
副作用のような、おかしい行動があると思えば、
すぐに医師に見てもらうことが大切です。

副作用を心配し過ぎず
また、甘くも見過ぎずに、タミフルを使っていきましょう。