いよいよ、迫ってきました。
隅田川花火大会

通な人は、「両国の川開き」とか
「両国の花火」って、言いますよね。

 

この花火大会、歴史がものすごく、長いんです。

「暴れん坊将軍」こと徳川吉宗が、1732年、死者を弔うために始め、
「鍵屋」と、そこからのれん分けした「玉屋」
互いに、腕を競いあったといいます。

花火が上がるときに、叫ぶ決まり文句

「たまやー!!」「かぎやー!!」

っていうのは、これが由来ですね。

 

当初は、たった20発の打ち上げだったそうですが
今では、なんと約2万発ですよ!

日本全国はもとより、外国からも観光客が訪れる
実に100万人規模の、超巨大イベントになっています。

テレビでも、全国中継されますよね。

 

でも東京の方東京に来られる方は、ぜひ生で見てください!

迫力が、全然違いますよ!!

sumidagawa hanabi 300x224 隅田川花火大会の場所取りを!最寄り駅とチケット入手法をチェックせよ!

 

ところで、過去の大雨の、隅田川花火を覚えてますか?

開始直後に、ゲリラ豪雨が襲い
わずか30分で、中止になってしまったんです!

 

これの意味するところは
花火ファンの、フラストレーションと、モチベーションが
例年になく、高まっている、ということです。

移動も、見物場所の確保も
例年以上の戦い、となることが予想されます。

 

でも大丈夫!

きちんと、準備しておけば!!

今回と次回は、2回にわたって、隅田川花火大会特集です。

今回は前編として

  • 「打ち上げ場所」
  • 「会場と最寄り駅」
  • 「チケットの入手方法」

などなど、これさえ読んでおけば
初めての方でも、間違いなく現地に行けて
ちゃんと、花火を楽しめる、という基本情報をまとめます。

穴場情報など
お役立ち情報満載の後編も
あわせて、読んでおいてくださいね。

スポンサードサーチ

 

隅田川花火大会の事前準備

sumidagawa map01 300x121 隅田川花火大会の場所取りを!最寄り駅とチケット入手法をチェックせよ!
sumidagawa map02 300x121 隅田川花火大会の場所取りを!最寄り駅とチケット入手法をチェックせよ!

 

まず最初に、地方から出てくる方に
念のためご注意です。

間違っても、「自家用車で行こう」なんて、思わないこと!

 

現場周辺は、交通規制・立入禁止の嵐です。

歩行者でさえ、近くの道は、一方通行になります。

 

早めに行くことも、大事です。

花火は、19:05から20:30までの、約1時間半ですが
いいポイントで、見ようと思ったら
朝から行動するのも、極端な話じゃありません。

 

ただ、人間は
1日中、トイレを我慢できる、生き物ではないことも
忘れちゃいけませんよね。

それと、詳しくは後述しますが
16:30から、交通規制が始まることも
念頭に置いておいてください。

 

それから、準備するものは、こちらです。

 

タオル複数枚

汗をふいたり、花火から火の粉が、落ちてくる場合
顔を覆ったりと、大活躍します。

水で濡らしたものを、1枚入れておくと、役に立ちそうです。

 

そう荷物に、なるものでもないので
面倒臭がらずに、準備していきましょうね。

 

食料・飲料

サンドイッチビスケットスポーツドリンクなど

せっかく、確保した見物場所を、軽食を買うために離脱するなんて
悔しすぎますからね。w

 

夜とはいえ、真夏の暑さを凌ぐためにも
少なくとも、水分補給のドリンクくらいは、持っていくべきですよ。

ただし、飲み過ぎて
トイレで離脱しないように、注意してくださいねw

 

カメラ・三脚

最近は、スマホでも、綺麗に撮れますし
すぐにツイッター等に、投稿できるメリットもあります。

でも花火の撮影は、シャッタースピードが、意外に遅いので
綺麗に撮ることに、こだわりがある人は
三脚が、欲しなるでしょう。

sankyaku 300x300 隅田川花火大会の場所取りを!最寄り駅とチケット入手法をチェックせよ!

 

ただ、スポットを慎重に選ばないと
三脚を立てるどころでは、なくなる可能性もあります。

そういう方々は事前調査早めの行動を…。

 

スマホ

ツイートしない方も、これ大事です。

隅田川花火のオフィシャルサイト(http://sumidagawa-hanabi.com/)を
ブックマークしておきましょう。

万一、当日になって、緊急のアナウンスがあった場合に
迅速に対応できますよ。

 

ただ、スマホは、バッテリー切れになりやすいので
待ち時間に、使い過ぎないように、注意してくださいね。

心配な人は、予備バッテリーもあると、心配なくなりますよ!

 

これは、私からのご提案です。

靴を履かない人なんて、いない!
と言われそうですが。。。

 

浴衣に合わせて、慣れない草履や、下駄で行く人には
スニーカーを、持っていくことを、ぜひオススメしたいです。

情緒と風情の1時間半が、終わったら
また、家路という名の、戦いなのですから。。。

 

隅田川花火大会の会場と最寄り駅

次に、押さえておくべき、基本事項は
「会場」が、2つあることです。

 

「第一会場」の、打ち上げ場所は
桜橋と言問橋の間

公式サイト(http://sumidagawa-hanabi.com/)によると
最寄りの交通機関は
東武鉄道・東京メトロ・都営地下鉄の「浅草」駅

 

ただ、できるだけ、混雑を避けるには
たとえば、都営の「本所吾妻橋」駅とか
スカイツリーラインの「スカイツリー」駅から、あえて歩くのも、一案かも。

tokyo skytree station 隅田川花火大会の場所取りを!最寄り駅とチケット入手法をチェックせよ!

どちら側から、来るかによるから
各自、作戦を練っておきましょう。

 

花火は、隅田川の両岸
つまり、墨田区側と、台東区側から見ることができます。

さらに、台東区側にある、台東リバーサイドスポーツセンター野球場と
区立隅田公園の土手には、「特別協賛観覧席」が、設けられます。

この特等席については後で説明します。

 

「第二会場」の打ち上げ場所は、駒形橋と厩橋の間

最寄り駅は、東武鉄道・東京メトロ・都営浅草線の「浅草」駅
または、都営大江戸線の「蔵前」駅。

こちらも、あえて「両国」駅か、「浅草橋」駅で降りる
という選択も、ありますね。

 

ひとつ手前で、降りたところで、大混雑なのは変わらないけれど
少なくとも、最寄り駅構内で経験する「最大混雑」は、避けられるでしょう。

 

隅田川花火大会のスポット選びと穴場

現地に着いたら、次はスポット選びです。

 

オフィシャルサイトから、「会場総合案内図」(できればPDFのほう)を
あらかじめ、ダウンロードしておくと、いいでしょう。

というのは、せっかく朝から、場所を確保していても
16:30に始まる交通規制で、そこが「立入禁止」になったりしたら
目も当てられないですからね。

 

ただ、実際には、人波に身をゆだねて
ぶらぶら歩きながら、観ることになる人が、多いでしょうね。

付近の下町風情を、楽しみながらの花火も、おつなものです。

 

とはいえ、隅田川花火大会にも、穴場はありますので
事前に調べておくのも、ひとつの手ですよ。

 

隅田川花火大会のチケット入手方法

 

さきに触れた「特別協賛観覧席」というもの。

これを手に入れるには、どうしたらいいんでしょうか?

 

実は7月には、もう今年の分は、もう売り切れてます

勇者よ、戦いは、5月には終わっていたのだよ……。

どうしてもという人は
オークションなどで、探すと見つかるかもしれません。

 

来年以降のために、情報だけご紹介しておきますね。

 

墨田区役所が、「市民協賛者」というのを5月に募集するんです。

わかりやすい言葉で言えば、個人スポンサーですね。

 

ひとり当たり、5,000円~24,000円程度を払うと
特別観覧席に招待される、という仕組みです。

まさに、VIP気分。

 

でも、そんな指定席じゃなくても
ちゃんと、花火は見られますから、安心してください。

 

それでは、チャレンジャーの皆さんの健闘を祈って
よりディープな、後編へと続きます!!