LCCとして格安運賃で使えた
航空会社のエアアジア・ジャパンが
名前をバニラ・エアに変更すると発表しました。

vanillaair 300x425 エアアジア・ジャパンが「バニラ・エア」へ改名!他の航空会社の名前の由来は?

エアアジア・ジャパンというのは
実はANAホールディングスの傘下の会社なんですね。

これ自体はあまり知られてないかもしれません。

何れにしても
少し前の客室乗務員を全員正社員化といい
最近のANAはかなり経営にテコをいれてますね。

さて、改名を発表したエアアジア・ジャパンですが
この「バニラ・エア」という名前は
一体どういう経緯で付けられたのでしょうか。

 

 

スポンサードサーチ

 

「バニラ・エア」の名前の由来

改名後の名前「バニラ・エア」の由来は

「世界中で広く名前を知られるようになり
リラックスさせる香りである
バニラのような存在になりたい」

というところから決まったらしいです。

こういうコンセプトを持った名前っていうのも
かっこ良くていいですね。

 

現在の日本の主力航空会社は

JAPAN Airlineの頭文字をとってJAL
ALL Nippon Airwaysの頭文字をとってANA

ひねりがないそのままの名前ですものね。

jal エアアジア・ジャパンが「バニラ・エア」へ改名!他の航空会社の名前の由来は?

 

ちなみに同じ国内LCCである
Peachの名前の由来はおもしろいですよ。

peach1 300x146 エアアジア・ジャパンが「バニラ・エア」へ改名!他の航空会社の名前の由来は?

「Peach」を分解して
「P」「ea」「ch」にします。

これの「P」と「ch」をひっくり返すと
「Cheap」となり、「安い」という意味になります。

さすが、シャレが効いてますねw

 

こんな感じで各航空会社も
思い思いの名前をつけているわけです。

もちろん認知された後も
しっかりと使ってもらえるように
競争を続けないといけないわけですが。

バニラエアという名前も
そのコンセプト一緒に広まっていくといいですね。