なにわの夜を彩る、なにわ淀川花火大会

この花火大会は
平成元年に、地元の市民団体である
「十三どんとこい祭り」が、母体となっています。

 

その後も、地域ボランティアの人たちの努力で
企業や団体、商店、地域住民の方々の寄付などを
募ってきました。

こうして財源を確保して「企画、運営、実行」まで
全て、手づくりの花火大会を、作ってきました。

yodogawa hanabi 300x201 なにわ淀川花火大会のチケットを取ろう!2014年の日程はこれだ!

 

平成18年から「平成淀川花火大会」になり
現在に、引き継いでいるようです。

地域住民が関わり
みんなで作る、手づくりの花火大会が
こんなに大きな、花火大会になったんです。

水都大阪の心意気が、感じられると思いませんか!

 

そんな、なにわ淀川花火大会について
2014年、第26回の詳細が、決まりました。

関西近くに、住んでいるのであれば
今年も、大阪の夏を
この、なにわ淀川花火大会で、満喫しましょう!

スポンサードサーチ

 

なにわ淀川花火大会の概要

なにわ淀川花火大会自体は、知ってはいるけども
今まで、参加したこと無いという人も、多いでしょう。

なので、どこで打ち上げがされるのか
その会場へは、どうやっていけばいいのか
なんかを、ご紹介したいと思います。

 

また、それに加えて
2014年の打ち上げは、何時から何時までなのか
という点も、バッチリ押さえておきました!

 

気づいた時には、花火大会の数日後だった。。。

なんてことがないように
しっかりと、開催日などを押さえておいてくださいね。

 

なにわ淀川花火大会の日時・打ち上げ場所

日時:2014年8月9日(土)  PM7:50~8:40

会場:新御堂筋 淀川鉄橋より下流
国道2号線までの淀川河川敷にて。

 

花火大会の時間は、上記のとおりですが
当然、当日は大混雑が予想されます。

ですので、多少しんどいかもしれませんが
何時間か、早めに到着しておいて
余裕を持って、観れるようにしておくのが、オススメですよ。

 

花火大会会場へのアクセス

・十三会場側の最寄駅
JR東西線「御幣島駅」、 阪神電鉄「姫島駅」、阪急電鉄「南方駅」・「十三駅」
JR「塚本駅」、地下鉄「西中島南方駅」

・梅田会場側の最寄駅
阪急電鉄「梅田駅」、地下鉄千日前線「野田阪神駅」、阪神電鉄「野田駅」
JR「大阪駅」、地下鉄「梅田駅」、JR東西線「海老江駅」。
(淀川花火大会概要出典)

 

アクセスに関しては、結構充実している印象ですね。

とはいえ、それが仇になって
当日の駅は、人で溢れかえるはずです。

ヘタしたら、駅に到着してから
1時間近く、閉じ込められることも。。。

 

油断せずに、早めに到着しておきましょう!

 

座席チケットについて

座席のある会場は
「十三会場」「梅田会場」の、二か所に設けられています。

その中で、グレード別に名前が付いており、金額も様々です。

 

十三会場

エキサイティングシート、アリーナシート(いずれもエリア指定自由席)、
団体(団体指定)、ステージシート(ブロック指定)は
大人料金7000~8000円 〈お弁当、お茶、テーブル、パイプイス付き〉。

 

パノラマシート、ダイナミックシート(いずれもエリア指定自由席)
大人料金2500~3000円 〈クッション、シート付き〉。

 

梅田会場

■自由席、大人料金4500円〈パイプイス付き〉。

 

■納涼船
全席指定 大人料金16000円。

3歳から小学生以下は、子供料金になります。

 

ちなみに、チケット購入先は、以下のとおりです。

  • ローソン、チケットぴあ、イープラス、近畿日本ツーリスト: 6/1~販売
  • 花火事務所(06-6307-7765):7/1~販売
  • 十三信用:7/1~販売
  • ウォーカープラス:7/4~販売

やはりというべきか、結構、人気があるので
出来る限り、早めにチケットを買っておいたほうが、いいですよ。

油断してると、後悔するのは
当日の、あなたですからね。。。

 

なにわ淀川花火大会でのお役立ち情報

  • JRの海老江駅は、阪急の十三駅に比べると、比較的すいているみたいなので、
    淀川公園内の海老江グランド付近は、おススメです。
  • 屋台をフラフラしながら、花火大会の雰囲気を、味わいたい人は
    十三大橋周辺が良いようですが、とにかく込み合いますので
    早めの行動をお勧めします。
  • 豊中市内は、大体どこでも花火が、見られるそうですが
    音は少し遅れて、届くみたいです(特に阪急宝塚線の岡町駅周辺がおススメ)。
  • 会場周辺は、トイレが少ないので、どちらへお出かけするにしても
    駅などのトイレに行ってから、会場入りするのがよいと思います。

 

それでは、なにわ淀川の地域の人たちの、心意気を感じながら
花火をたっぷり、楽しんでくださいね。