バニーガールのコスプレは、ハロウィンでくらいしか
なかなか着る機会がありませんよね。

露出も多くて派手なので
なかなか自信がないと、バニーガールのコスプレはできないかもですが。

 

ハロウィンといえば
やっぱり、コスプレは外せませんよね。

ハロウィン当日は、色んなコスプレであふれるわけですが
セクシーさを求めるのなら
バニーガールのコスプレをおすすめします!

halloween cosplay bunny 277x500 ハロウィンにもバニーガールのコスプレで!メイクのコツも伝授!

 

一般的に知られているバニーガールは、
ウサギの耳ウサギの丸いしっぽをつけていますよね。

そして、レオタード姿タキシードの衿とボウタイ
手頸にはカフスを付けます。

男性の衣装とウサギちゃんが合体したような姿ですね。

そのバニーガールの姿が、エロ可愛いのでしょう。

 

そんなエロ可愛いバニーガールのコスプレで
ハロウィンの男性たちを
メロメロにしちゃいましょう!

スポンサードサーチ

 

バニーガールの由来

そもそも、バニーガールは
何で、ラビットガールではないのか
という疑問が湧きますよね。

このバニーガールの名前の由来って
実は英語の問題みたいです。

 

バニーというのは、赤ちゃんウサギのこと
犬でいうところのパピーであり
猫でいうところのキティなんですね。

やっぱり、バニーガールというのは
可愛い子ウサギちゃんなのですw

 

そんな、かわいいバニーガールですが
どのように、バニーが誕生したかという由来を
少しだけお話します。

ウサギと女の子の組み合わせなんて
いったい、どこの誰が考えだしたんでしょうねw

やっぱり、気になりませんか?

 

もともとは、男性雑誌の『PLAY BOY』の連動企画で、
プレイボーイという名前の、会員制高級クラブを作りました。

最初のお店は、シカゴに出来たそうです。

そこのウェイトレスの制服として誕生したのが、
バニーガールなのです。

bunnygirl playboy 300x377 ハロウィンにもバニーガールのコスプレで!メイクのコツも伝授!

 

バニーガールの特徴は、最初にお話しした通り
レオタードにウサギちゃんと
紳士服の合体したような感じです。

当時のバニーガールは、本物のウサギの毛皮を、
耳やしっぽに使っていたこともあるそうですよ。

今の御時世で、このバニーガールをやると
動物愛護団体から、猛クレームがきそうですが。。。

 

そんなバニーガール発祥のお店、プレイボーイのお店も
今では、世界中から姿を消してしまいました。

そういう意味では
本家バニーガールは、もう見れないので
いまのバニーガールは、みんなコスプレとも言えますねw

 

現代のバニーガールの特徴

そうやって、姿を消した本家バニーガールですが
現在も、バニーガール自体は
キャラクターとして進化しながら、生き続けています。

 

いまだとバニーガールは、ラスベガスからパチンコまで
ギャンブルの場での、接客服的なイメージ
けっこう強いんじゃないでしょうか。

また日本においてのバニーガールは、萌え文化と合流して
より、可愛く変化しています。

 

いまのバニーガールの衣装
過激なレオタードから、可愛いフリルのミニスカートまで
色々なデザインがあります。

基本形のレオタードのバニーガールだけではなく、
レイヤードのフリフリフリルの、トップスとパンツに分かれた
いわゆる、セパレートタイプなどもあります。

 

より、かわいい姿のバニーに変化している訳ですね。

おかげで、セクシー系が苦手な子も
ハロウィンでは気軽な感じで、
バニーガールのコスプレもできるわけですよw

 

とはいえ、どんなに変化を遂げても、
バニーの耳とシッポ白いカフスにボウタイは、
バニーガールとして、外せないアイテムですね。

色についても
当初の黒と白だけのバニーガールではなくて、
様々な色が出てきています。

 

黒が基調ではありますが、赤やピンクやブルーなど
お好みてお選びください。

特にハロウィンのコスプレで、バニーガールをやるなら
派手めに攻めてみては、いかがでしょう。

 

バニーガールのコスプレ
色々なタイプが、販売されています。

ですので、ハロウィン前に
ネットで衣装の比較をしながら
気に入ったバニーガールのコスプレを、購入するのが良いと思います。

 

バニーガールのコスプレの場合
衣装の価格も2000円位からなので
比較的、安価で手に入ると思います。

ウサギ耳やカフスなど、ハロウィン用にセットで買った方が
トータルコーディネート出来て
チグハグにならないので、オススメですよ!

halloween cosplay bunny cute 271x500 ハロウィンにもバニーガールのコスプレで!メイクのコツも伝授!
また、コスプレ用にあると便利な小物としては
トレイ(お盆)なんてあると
バニーガールっぽさが、増しますよね。

手にトレイを乗せて
腰に手を当てて、脚をクロスさせたポーズ。

これこそ、バニーガールの決めポーズじゃないですか?w

 

バニーガールのメイク

さて、ハロウィンのために
バニーガールのコスプレをするには
衣装だけだと、まだ足りません。

やっぱり、あのバニーガールのハデな衣装に似合うような
ちょっと張り切った感じのメイクが、必須でしょう!

いつもと違う感じの、メイクだと思うので
ハロウィン前に、やり方について
カンタンに、ご紹介していきますね。

 

バニーガールのメイクの特徴
目のハイライトアイシャドウ
というところでしょうね。

このメイクのポイントさえ抑えておけば
バニーガールの衣装と相まって
それっぽくなれるはずです。

 

バニーガールといえば
白ウサギをイメージするように
まずハイライトからいきましょう。

眉毛の下、瞼、目の下の涙袋の辺り全体に
白やパールのハイライトを入れましょう。

 

次に、瞼にピンクのアイシャドウを重ねます。

このアイシャドウ次第で、印象が変わりますので
忘れないようにしましょう!

 

さらに、まつげギリギリに
アイラインをはっきり入れて
目の下は、目尻から1/3くらいまで入れます。

目尻にポイントで、グリーンのアイシャドウを入れると
かわいさ倍増ですよ。

 

後は、付けまつげやマスカラで仕上げてください。

このバニーガールのコスプレ用メイクは
そんなに難しいメイクじゃないので
ハロウィン初心者にも、おススメですよ。

 

動画のバニーガールメイクはかなり、濃いめですが、
参考にしながら、もう少し、ナチュラルに仕上げる
可愛いイメージになります。

 

チークやリップはナチュラルで良いと思いますが、
過激にしたいなら、赤で濃いめにね。

あとは、ハロウィン当日にコスプレするための
バニーガールの衣装に合わせて
メイクの調整をしてくださいね。

 

まとめ

メイクも衣装も、しっかり説明しましたし
もう、ハロウィン当日は
バニーガールのコスプレも、バッチリですね!

 

バニーガールの場合は、コスプレ自体も大切ですが
それ以上に、ハロウィンパーティで写真を撮るときなどに
決めのポーズなどは、欠かせません。

あのポーズこそ、バニーガール!
というひとも、少なからずいますからねw

 

ですので、ハロウィン当日までには
バニーガールのコスプレと一緒に
決めポーズも、練習しておきましょう(`・ω・´)