地球のために、悪の怪獣と戦う、正義のヒーロー。

子供が、最初にハマる、ヒーローのひとり
やはり、ウルトラマンですよね。

普段は、地球人の姿を、借りています
いざというときには、特殊なアイテムを使って
巨大な、ウルトラマンの姿に、変身します。

ウルトラマン 300x225 ウルトラマンの弱点は大人の事情で作られていた!?

 

 

ウルトラマンといえば、必殺の光線技
人間の姿からの変身
そして、カラータイマーが特徴ですよね。

実は、このカラータイマーは
とある、大人の事情のために
追加された、設定だったって、知ってましたか!?

 

スポンサードサーチ

ウルトラマンのカラータイマーは「制作限界時間」!?

このカラータイマーは、宇宙人であるウルトラマンが
地球上で活動できる、制限時間を、知らせてくれる
文字通り、「タイマー」の役目を、果たしているんですよ。

 

ウルトラマンが、地球上で活動できる時間
わずか3分間だけです。

その3分間という設定は、有名なため
よく、カップラーメンと、ネタにされますよね。

カラータイマー 300x225 ウルトラマンの弱点は大人の事情で作られていた!?

 

実は、この3分間の活動時間が、設定されたのには
ある裏の事情が、あったんですよ。

 

初代ウルトラマンが、製作されていた当時
撮影を行なっていた、円谷プロ
資金難に、陥っていました。

そんななか、ウルトラマンの撮影を、行なっていたのですが
御存知の通り、戦闘シーンは、様々な演出が必要になります。

 

戦いの余波での、爆発
空を飛んだり、光線を出すときの、特殊な演出など。

要するに戦闘シーンは、撮影にお金がかかるんですよ。

スペシウム光線 300x225 ウルトラマンの弱点は大人の事情で作られていた!?

 

そんな金がかかるシーンを、何十分も、撮影してられない!

ってわけで、そこそこの値段で、抑えられるように
活動時間を、3分がリミットという、設定を創りだしたのです。

 

まさか、あの強い、ウルトラマンの弱点
大人の都合によって、創りだされたなんて
なんか、しょんぼりですね。

とはいえ、その設定のおかげで
ウルトラマンを、ハラハラしながら、観ることができてました。

そういった意味では、結果オーライだった、ってことですね。