夏を楽しむことを考えると
やはり、海は外せません。

日差しとともに、海を眺めているだけで
気分も、晴れやかになるものです。

uminoie 300x167 海の家を経営したいなら!必須メニューや冬の経営は?

 

特に、海の家がある浜では、ライブやDJなどを呼んだイベントが多く
同年代の人たちと、楽しみながら
充実した時間を、過ごすことが出来ます。

 

そこで、そのような場所を、提供するために
自分が、海の家を経営したい
なんて、考えが浮かぶこともあるかもしれません。

そんな場合、どのようなことが、必要となってくるのか
ということに関して、考えてみたいと思います。

 

もしかしたら
あなたが、海の家のオーナーになるかも!?

スポンサードサーチ

 

海の家の経営に必要なこと

まず海の家を、経営するにあたって
そこでのお店を、開店していいかという
権利を貰う必要があります。

この海の家を経営する権利
浜の管理組合から、ビーチでの営業権を買うわけです。

 

また、テントや家などの、建築を行う必要が有るため
経営権と合わせて
予算が400万円ほどは、必要と考えたほうがいいでしょう。

 

フードなどを扱う場合、さらに複雑で
食品衛生責任者の資格や、飲食店営業許可を、取得する必要がでてきます。

最近では、食中毒などの事件も起きているので
夏場の食品管理には、気をつけたいところでしょう。

 

また、出費に関しては、撤収費用も検討する必要があるので
その点に関しても、忘れないようにしたいところです。

 

海の家のメニュー決定

お店を開くまでの準備はできても
肝心なのは、開店した後の経営です。

 

やはり、開店はできても、人が入らなくて
すぐに、廃業においこまれる海の家
といったケースも、珍しく無いです。

なので、念には念をということで
考える必要があります。

 

そこで、キーポイントとなってくるのが
お店でのメニューです。

uminoie menu 300x225 海の家を経営したいなら!必須メニューや冬の経営は?

実際、お客の層を考えると、若い世代が多く
高品質を目指す、というよりも
価格を優先に考えるほうが、いいでしょう。

 

そう考えた際に、注目すべきなのが
いわゆる「軽食」と言われている、フードメニュー

焼きそばや、お好み焼きたこ焼きなどは
若者という客層と、価格帯を考えても、必須でしょう。

また、ハンバーガーなども、海にいったら食べたくなるでしょう。

飲み物に関しても、ビールはもちろん簡単なカクテルなども
用意しておくと、いいと思います。

 

シーズン以外の対応

やはり、海の家というほどなので
基本的には、夏のみの出店となり
オフシーズンには、海の家は全て解体することが、普通となっています。

実際に、海の家を経営している人たちは
実は地元で、民宿やお店を、経営しているひとが
夏のみ臨時で、経営店を増やす、という事が多いんですよ。

 

なので、オフシーズンには、それぞれメインの仕事へ戻る
といったケースが、多く見受けられます。

 

ということで、ここまで見てみて
やっぱり、海の家を経営してみたい
と思ったら、是非ともチャレンジしてみてください!

夏のビーチを盛り上げるのは
絶対に、楽しいと思いますよ。