夏のレジャーといったら、山、海、川、キャンプ、花火大会、などなど色々ありますが
夏と言ったら「夏フェス」という方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

夏フェスとは、その名の通り
夏の間に、全国各地で開かれている、音楽フェスティバルの事です。

まあ、夏の音楽祭りみたいなものですね。

summerfes 300x201 夏フェスでの服装は!?靴や帽子にも気をつけて!

 

夏フェスには、屋内で行われるものもありますが
自然の中で行われる野外ライブは、森林浴やウォーキングの要素もあり
とても人気があります。

 

しかし、夏の野外ライブは過酷です。

準備なしで参加すると
思わぬことに、遭遇するかもしれません。

せっかくのフェスを楽しむためにも
きちんと準備してから、参加することをお勧めします。

 

そこで、夏フェス初参加の方々に向けて
服装や用意するもの、また注意することなど
お話したいと思います。

スポンサードサーチ

 

夏フェスに適した服装

夏フェスは、普通のライブとは違います。

ロングスカートなどで、おしゃれをしたかったら
屋内のライブを選んだほうが、良いでしょう。

 

夏フェス野外ではまず、トップスTシャツがおススメです。

バンドT(お気に入りのバンドのロゴなどが入っているTシャツ)や
ライブT(ライブのタイトルなどの入ったTシャツ)は、もちろん
スポーツ用などの、吸湿速乾性に優れたものも、おススメです。

 

次にボトムスですが、
Gパンやスキニーパンツなどの細めのものは、汗でびしょびしょになり、
通気性も悪く、動きにくいので、やめた方がいいでしょう。

 

おススメはレギンスショーパン(ショートパンツ)です。

レギンスは、コットン素材か吸湿速乾、接触冷感などの
高機能繊維のものを、お選びください。

レギンスを履くことで、
動きやすく、虫や怪我や日差しなどからも、守ってくれます。

その上にショーパンを重ねることで、
かわいらしく演出もできるし、
会場移動などの、長く細い道も、軽快に歩いていけることでしょう!

summerfes fuku 300x400 夏フェスでの服装は!?靴や帽子にも気をつけて!

 

夏フェスでの靴について

会場移動があるので、靴はスニーカーが良いです。

どんなに履きやすくても、ウェッジヒールやサボは、お勧めできません。

また、長く歩くときに薄い靴下では、足が痛くなってしまうので、
中肉~厚手の靴下をはいてください。

 

そして、雨などでスニーカーが濡れてしまったり、疲れたときに
履き替えることができる、
軽いサンダルなどを、持っていかれるとよいですよ。

 

その他、夏フェスに必要なもの

 

絶対に欠かせないものとしては、帽子があります

ツバがぐるっと一周ついていて、日よけ効果の高い
UVカットのものが、良いでしょう。

これがないと、日射病で、倒れてしまいますからね

 

ほかには、以下の様なものもあると、非常に便利です。

  • サングラス
  • 靴下の履き替え
  • 汗などで汚れたとき用の替えTシャツ
  • 虫よけスプレー
  • 日焼け止め
  • 汗ふきシートかウェットティシュ、
  • タオル
  • 冷えピタや冷却用スカーフ
  • お菓子
  • 水筒
  • 保険証の写し
  • レインコートやレインハット
  • ゴミ袋
  • 救急セット

など

また、帰りの夜道は意外と冷えるので
薄手のパーカーなど、長袖のはおり物を用意しましょう。

 

会場にもよりますが、
テントやタープ、折りたたみイス、アウトドアテーブル、レジャーシート
などが、必要な場所もあるようです。

着替えや待ち時間を過ごすのに便利です。

 

バッグは、大きな荷物やリュックは、クロークに預けて、
会場にはウェストポーチやショルダーバッグに、
必要なものと、貴重品を入れて、持っていくとよいでしょう。

貴重品は必ず、肌身離さず持っているように、心掛けてください。

 

 

最後に

特に初心者の方は、ライブ中に
モッシュゾーン(モッシュピットともいう)には、近づかないことをお勧めします。

ステージに一番近いところですが
バンドによっては、盛り上がりすぎて、とても危険です。

少し離れたところで盛り上がってください(笑)

 

怪我などしないように、充分注意して
「楽しい夏の思い出」
を作ってくださいね。