前回に引き続き
「隅田川花火大会」に向けての、情報をご紹介。

「ウラ技」という程、じゃないかもしれないけれど
初めて観に行く初心者でも、これさえ読んでおけば
まるで、地元民やマニアのように、行動できる。。。

というような、「濃い内容」を目指して
いつもより、ちょっと長めに、お送りします!

 

具体的には、

  • 隅田川花火大会が見れる穴場は?
  • 屋形船を使う場合は?
  • ホテルやレストランの場合は?
  • スカイツリーからは見れる?

といった、「本当に役立つ」テーマで、レポートします。

ぜひ、最後までお楽しみを!

スポンサードサーチ

 

隅田川花火大会の穴場は?

 

最もメジャーな穴場は、水戸街道沿いですね。

東武スカイツリーラインの「曳舟」駅から
「国道6号線」こと、水戸街道へ、歩いて5分ほど。

水戸街道沿いにある、ファミリーマートで
ビニールシートや、お酒を買って、お店の前で陣取ってしまう
なんて、ツワモノもいます。

 

水戸街道で見る、メリット
第1会場・第2会場の、両方の花火を楽しめること。

 

デメリットは、そもそも「メジャーな穴場」って
全然「穴場」じゃないってことw

「メジャー」「穴場」って
逆の意味ですもんね(;´∀`)

 

隅田川花火大会の穴場の注意点

水戸街道沿いに進んでいくと
交差点の向こうに、隅田公園が見えてきますが
その前の通りは、一方通行規制に、なっています。

曳舟駅側からは、進入できません。

これ、知らないと
思わぬ落とし穴に、ハマることになりかねないので
要チェックですよ。

 

次によく語られるのは、地元のスーパーの屋上

地元民のために、無料で開放されるんです。

これ、盛んに語られるわりには、殺到しないので
「真の穴場」と言えると、思いますよ。

 

具体的には、水戸街道沿いの「コモディイイダ 東向島店」
そして、浅草通沿いの「オリンピック墨田文花店」

後者は、打ち上げ会場から、ちょっと離れているので
ピンポイントで、狙って行く必要があります!
(最寄り駅は「押上」と「小村井」)けれど、そのぶん落ち着いて楽しめそうです。

 

上記スーパーの屋上(駐車場)は、毎年開放されています
各商業施設の好意で、行われていることなので
急な変更や、中止がないとは、いえません。

その点はお含みおきを。。。

 

その他、現地周辺の飲食店などで
「花火を見ながら食事」みたいな、優雅な話もあるけれど
100万人近くの人で、ごった返すのだ、ということをお忘れなく!

予約できるお店なら、確実に席を、とっておきましょう。

 

屋形船から隅田川花火大会を見る場合は?

「船から花火を眺めつつ、料理に舌鼓」。

最高ですよね。いつかやってみたいものです。

「貸し切り」は、無理にしても
「乗り合い」なら、今からでも、予約できる船宿やツアーも、あるようですので
メジャーなところを、いくつかピックアップしておきます。

ご予算は、1万円程度から4万円程度まで、さまざまです。

利用する場合、乗船場所と時間をよく確認しておきましょう。

  • 三河屋
  • 濱田屋
  • 旅プラスワン

 

ホテルから観る隅田川花火

 

「お部屋でワイングラス片手に両国花火」。

もう極楽ですね。

いや、ビールでもいいんですけど。

地方からの人が、注意しなくちゃいけないのは
旅行代理店さんのサイトで、「隅田川花火プラン」とか、書いてあっても
花火が見えるとは、限らないということです。

ものすごく、遠くのホテルが、紹介されていたりしますよ!

 

「確実に」花火が、見えて楽しめる部屋のあるホテルとしては
次の3つがあります。

  • ホテル京阪浅草
  • 第一ホテル両国
  • ビーコンテ浅草

ただし、どれも「花火の見える部屋」ばかりとは、限らないので
ちゃんと指定して、予約を入れなくては、いけないでしょう。

 

スカイツリーから隅田川花火大会は見れる?

 

これですこれ!!

スカイツリーから、花火ですよ!!

あのロケーションに、スカイツリーが建った、一番の理由。。。
じゃないでしょうけど!!

 

今日、一番の耳より情報です。

7月26日の隅田川花火は、スカイツリーの展望台が特別営業なんです!

大人も子供も、ひとり6,500円。

 

ただし抽選!!

ここは、運を天に任せるしか、ないでしょう!!

 

6月30日の23:59まで、インターネットで応募できます。

応募1件につき、5名分まで申し込めます。

これを見て、「遅かった!!」という人は
これから、毎日見に来てください。。。

 

応募方法や料金などは、スカイツリーの公式サイトにあります。

http://www.tokyo-skytree.jp/news/info/2014/06/726.html

 

以上、2回にわたって、隅田川花火特集をお送りしました。

お役に立てましたでしょうか。

皆さんが、日本を代表する、花火大会を堪能できますように。

当日、晴れますように。