濡れマスクってご存知ですか?

風邪・インフルエンザの時や、乾燥する冬に
効果をもたらしてくれる、優れものです。

nuremasuku 300x200 濡れマスクの作り方 効果が高い乾燥対策で風邪を予防!

 

冬は乾燥やウイルス、
色々なものから、喉や鼻は危険にさらされています。

乾燥した肌は触ると、すぐにわかりますが、
乾燥した喉や鼻の粘膜は
気づかないうちに、ウイルスに侵されている可能性が。

 

最近は立体型のマスクや、お化粧が落ちにくいマスクなど、
様々な性能のマスクが売られています。

そのなかでも注目なのが、
この濡れマスクというもの。

ただ濡れているだけのマスク。。。
というわけではなく、
風邪やインフルエンザにも、効果があるんですよ。

しかも、作り方しだいでは
自作でも簡単にできちゃいますし。

 

今回は知っていれば、冬に大活躍間違いなしの
濡れマスクについて、作り方や効果をご紹介いたします。

スポンサードサーチ

濡れマスクとは

まず、濡れマスクとは、どのようなものなのか。

濡れマスクをする最大の理由は、
喉と鼻の粘膜を、乾燥から守ることにあります。

 

もちろん加湿器も有効的ですが、
部屋全体ではなく、直に守ってくれる濡れマスク
効果が大きく、期待できるのです。

 

また寝ているときの濡れマスクは、非常に効果的で、
喉の乾燥の直接的な原因となる
口呼吸を防いでくれます。

ひとは寝ているとき、
ものを飲み込むという動作をしません。

ですので、乾いた粘膜はそのままになってしまいます。

 

そこで、濡れマスクで保湿することによって
粘膜を保護し、湿度を保つことができるのです。

乾燥した粘膜は、炎症を起こしやすくなりますので、
風邪菌やインフルエンザが、侵入しやすくなってしまいます。

 

濡れマスクでしっかり保湿して、
風邪やインフルエンザの原因になる、乾燥を防ぎましょう。

 

濡れマスクの作り方

濡れマスクは、いろんな製薬会社などから
たくさんの種類が出ています。

さすがに製薬会社も
この濡れマスクの効果に注目してるようですね。

 

しかし、衛生上の問題から、1回の使用しかできず
もったいないような気がしてしまいます。

さらに、濡れマスクはノーマルなマスクより
値段が高めになっています。

こうなると、心理的にちょっと手を出しづらいですよね。

 

そんな濡れマスクも、作り方は簡単なので
自分でお手軽に、作ってしまえるのですよ。

 

もし時間があれば、お手製の布マスクを作ってください。

そのマスクのポケットに、濡れたガーゼを入れるというのが
何度も使えて便利です。

 

時間がない、裁縫が苦手という人は
もっとお手軽な、濡れマスクの作り方が2つあります。

 

かんたん濡れマスクの作り方その1

■用意するもの

  • 布マスク

 

■作り方

  1. マスクの上の部分を3分の1だけ、外側に折ります
  2. 折った上の部分を濡らし、かるく絞ります
  3. そのままマスクを着けて完成

 

この作り方なら、鼻が外にでるので
濡れていても、息苦しくなりません。

濡れマスクが苦手な人の大半は
この息苦しさが理由ですので
鼻さえでていれば、全然だいじょうぶですよね。

 

かんたん濡れマスクの作り方その2

■用意するもの

  • 紙マスク×2
  • ガーゼ

 

■作り方

  1. 布ガーゼを濡らします
  2. ガーゼを2枚のマスクで挟んで完成

nuremasuku tsukaisute 濡れマスクの作り方 効果が高い乾燥対策で風邪を予防!

 

これが一番手軽な、濡れマスクの作り方ですね。

不器用もなにも関係なく
ガーゼとマスクを順番に着けるだけで
かんたんにできちゃいますからね。

 

紙製の濡れマスクは、口に触れたマスクは捨てて
外側のほうをもう一度使えば、実質1枚で済みます。

布製の濡れマスクに関しては、洗って再度使えるので
日常で使えるくらい経済的です。

どちらも、自分で作れば安くすむので
ぜひ、濡れマスクの作り方を覚えておいてくださいね。

 

まとめ

そんなに効果があるとは思えない手軽さですが、
試してみると、その濡れマスクの効果に驚きます。

鼻と喉の粘膜や、その周りの皮膚も保湿してくれるので、
乾燥に悩む女性には、濡れマスクは非常にありがたいですね。

 

薬局にも売ってるようなものなので
効果も高く、自分で作れるとは思えませんでしたが
案外、濡れマスクの作り方もかんたんでしたし。

これはちょっと手間をかけてでも
自分で作って、濡れマスクの効果を実感するしかないですね。

 

今年の冬は、濡れマスクを作って
乾燥しらずの生活を満喫しましょう!

これで、風邪やインフルエンザから
自分の身を守ってくださいね。