暑いですね。

全国的に。

私の住んでる札幌では
半世紀ぶりに、5月に真夏日が出たというのが、大ニュースでした。

mousho 300x225 熱中症の対策とは!?こんな症状がでたら危険信号!

北海道は、クーラーのない家が、ほとんどですから
たまに、猛暑がくると、大変です。

 

ところで、「夏は暑いほうが好き」と言う人
結構、いらっしゃるんですよね。

うちの年老いた親も、いとこの女子大生も、そっち派。

ついでに、うちで飼ってる文鳥も、暑いの大好き。

ジャワ島原産だから、当然か……。

 

私なんか、暑さに我慢ができなくなると
エアコンの効いたスタバとか、マクドとかに逃げ込むのに。

人それぞれだなあ、と思います。

 

でも、考えてみてください!

熱中症で、人が倒れて運ばれたり、死者が出たりするんですから
これはもう、自然災害ですよ!!

 

夏の風物詩とばかり、言ってるわけにもいかないです。

そこで、夏という名の生命の危機から、自分を守るため
熱中症の症状予防法、さらに応急処置のやり方まで調べてみました。

スポンサードサーチ

 

熱中症の症状とは

典型的なのは、「ふらふらとして、めまいがする」

これを我慢していると、失神に至ってしまいます。

 

吐き気頭痛にも注意です。

暑さに体が、ついていけなくなっているのだから
バファリンとかで、ごまかさないほうが、いいです!

 

あと、体温についてですが
異常に高くなる人と、低くなる人がいるそうです。

「体が冷えているから熱中症じゃない」
なんて油断してると危険なんですね。

 

ほかに、疲労感があったりまぶたがピクピクしたり
いろんな症状がありうるとのこと。

では、どんなふうに、予防したらいいのか
次に見てみましょう。

 

熱中症の予防と対策は?

子供の頃、みんな言われたと思いますが
「帽子をかぶる」

これ、とても有効に、熱中症を防止できるんですね。

帽子だけに……w

nechusho cap 300x199 熱中症の対策とは!?こんな症状がでたら危険信号!

 

そして、「激しい運動をしない」

特に、気温が、27℃以上になったら
スポーツは、中止したほうが、いいそうです。

 

さらに、当たり前ですが
「室温や、体感温度を下げる」

扇風機でもいいし、水で濡らしたタオルで、顔を拭くのもいい。

庭に打ち水をして、気化熱で冷やすとか
昔の人は、すごいですね。

 

そしてそして、「冷たいものを食べる」

待ってました!!

 

ただし、もちろん、食べすぎには、注意ですよね。はい。

お腹を冷やしてしまって、トイレで苦しむ。

これもまた、「夏の風物詩」ですからね……。><

 

熱中症の治療法

意識を、失ってしまうこともある症状だから
自分では、応急処置もできない可能性が、あるわけですが
街で人が、ふらふらと倒れていたら、急いで助けなくちゃです。

 

具体的には、涼しい場所に寝かせ
服のボタンをゆるめて、すぐに救急車を呼ぶ!

 

水分をとらせる必要も、あるわけだけれど
これについては、慎重にやらないと
胃けいれんや、水中毒のリスクが、あるそうです。

本人に意識があって、水をほしがったら
少しだけ、口に含ませる程度に、しておくほうがよさそう。

水道水より、ポカリアクエリアスなどの
スポーツドリンクが、いいそうです。

熱中症対策の飲料ランキングも、まとめてますので
そちらも、参考にしてみてくださいね。

あとは、救急車と病院に、おまかせしましょう。

 

公園の噴水は、元気な子どもたちで、いっぱいです。

お子さんのいる方は
子供の表情や、動きに、よく注意を払ってあげてくださいね。