風邪の時、お酒と薬を
一緒に飲んでもいいのでしょうか。

たまにお酒好きで、風邪の時にも飲む人がいるので
健康に悪い影響がないのか、心配です。

kaze sake 風邪のときにお酒と薬を飲んでも良い?アルコールは毒なのか

 

酒は百薬の長。

少しの量のお酒なら、
毎日飲むと、病気を予防してくれる
なんて、昔から言われています。

 

でも病気の時にお酒を飲むと
薬が飲めなくなっちゃいます。

風邪という一大事のときに
薬を飲むか、お酒を飲むか…

利点があるほうがいいですよね!

 

お酒を飲んで、風邪が良くなるかもしれませんし。

今回は風邪とお酒の関係について
ご紹介します。

スポンサードサーチ

 

風邪をひいたときのお酒はNG?

お酒を飲むと、体がぽかぽかしますし、
ぐっすり眠れて、風邪にも良いような気がします。

安眠剤のかわりにアルコール
みたいなイメージですね。

 

でも、良さそうに見える風邪の時のお酒ですが
そこに落とし穴が。。。

風邪のときのお酒と薬には
大きく分けて、3つ影響があります。

 

免疫力の低下

お酒を飲むと、
アルコールを分解するために
肝臓の働きが、最優先されます。

すると、風邪でもともと弱っていた
胃や腸の消化が
後回しにされてしまいます。

kaze sake shouka 風邪のときにお酒と薬を飲んでも良い?アルコールは毒なのか

 

せっかく、おかゆなどの消化にいい物を食べていても、
体がお酒を分解することに、疲れてしまうので
無駄に、体力を消耗してしまいます。

風邪のときは、風邪菌と戦うために
体力を温存しておきたいですよね。

なので、風邪の時にお酒を飲むことは
控えたほうが良いといえます。

 

水分不足

お酒を飲むと、アルコール濃度を薄めるために
たくさんの水分を必要とします。

これは、普段の風邪をひく前から
飲み過ぎて、二日酔いになった時などで
経験があると思いますがw

 

ただでさえ、汗をかいて
水分不足に陥っているのに、
さらに水分を失ってしまうなんて、良いはずがありません。

風邪の主な症状だけでなく
下痢や嘔吐の症状まで、出ているときは
なおさらです。

kaze sake suibun 風邪のときにお酒と薬を飲んでも良い?アルコールは毒なのか

 

体は風邪の風邪菌と戦うことに
集中したいのです。

 

眠りが浅くなる

風邪のときに重要なのは、栄養と休養です。

免疫がしっかりと働けるようにするためには
そのエネルギーを補給してあげないと、いけませんからね。

 

お酒を飲むと、ぐっすり眠れていいのでは?
と思うかもしれませんが、
お酒には、眠りを浅くする作用があります。

喉も渇いてしまうので
何度も、水分補給やお手洗いに行くはめになります。

kaze sake sleep 300x260 風邪のときにお酒と薬を飲んでも良い?アルコールは毒なのか

 

風邪の時くらいは、体力回復のためにも
質のいい睡眠をとりたいですよね。

 

風邪の薬とお酒を一緒に飲めない理由

風邪の時にお酒を飲んじゃいけない理由は
薬を飲む、という点でもあるのです。

 

風邪の薬とお酒は、絶対一緒に飲んではいけない
という話を、なんとなく聞いたことがあるのでは?

しかし、薬とお酒を一緒の飲んではいけない理由が
いったい何なのか、分かっていない人も
たくさんいると思います。

 

お酒と薬を一緒に飲んではいけない理由ですが
薬は、何にも邪魔されずに吸収されるのが
最も理想的だからです。

アルコールが体内にあると、消化が遅れるので
薬が、本来胃で溶けるはずが
腸で溶けてしまいます。

kaze sake drug 300x223 風邪のときにお酒と薬を飲んでも良い?アルコールは毒なのか

 

すると、薬の効果が出るまでの時間が変わったり
作用する力が変わったりして
風邪を治すどころか、大変危険です。

特に、風邪薬に入っていることの多い
抗ヒスタミン剤には、眠気をおこす副作用があります。

抗ヒスタミン剤は、お酒を飲んでいると
眠気が強くなり過ぎてしまうようです。

 

お酒を飲むことで
薬の作用がマイナスになってしまうのが
風邪の時に飲むべきではない理由ですね。

薬とお酒を飲んでしまうことで
逆に、もっと体調が悪化した
なんて事になったら、笑い話にもなりません。

 

まとめ

風邪のときは、薬も飲めなくなるので
お酒を飲むのは控えたほうがいいです。

とはいえ、元気なときは
風邪の予防のためにも、飲むと効果的ですがw

 

酒は百薬の長、という呼び名は
伊達ではないのです!

 

風邪の時にお酒を飲むのは
薬を飲むためにも
治るまで、少しの我慢ですね。

お酒を飲んで、風邪を悪化させてしまうより、
少し我慢して、
心置きなく、お酒を楽しみましょう。

 

でも、ほどほどが肝心ですよ!