「なんか風邪っぽいかも…」と感じたときには、
実は、時すでに遅し。

あなたの身体は、もう風邪ウイルスに感染しています。

kaze kikan 300x266 風邪の症状が出る期間は?長引くとどれくらい?

 

これが、風邪ではなく
ただの疲れだと油断していると
あとで、症状が悪化して、ヒドイ目にあいますよ。

 

風邪って、すぐに治ればいいのですが
期間が長引いてしまうと、ほんとにツラいですよね。

食欲もなくなりますし、身体もダルいしで
いいことが無いですし。

 

でも、風邪ってだいたいどれくらいの期間続くのか
意外と、はっきり知らない人が多いです。

すぐ治ればいいですが
だいたい、どれくらい風邪が長引くのか
期間は知っておくべきだと思うんですよね。

 

ですので、潜伏期間も含めて
風邪の症状がでる期間について
まとめてみました。

スポンサードサーチ

 

風邪の症状事の期間

ところで風邪といっても、
鼻水やのどの痛み、咳や発熱など、
風邪には様々な種類の症状があります。

どんな症状があるときには、どれくらい続くのか、
やっぱり気になりますよね。

今回ここで、いくつかの症状とその期間について取り上げます。

 

吐き気がある風邪の期間

吐き気がある場合、一般的に「胃腸風邪」とよばれる
「感染性胃腸炎」の可能性が高いです。

この風邪の潜伏期間2~3日くらいで、
主な症状として、激しい吐き気と嘔吐があげられます。

 

突発的に起こるので、風邪の初期症状が分からない上に、
37~38℃程度の発熱を引き起こすこともあるので、
正直、つらいかもしれません。

しかし、この場合の吐き気は通常、
1~2日でおさまります。

 

初期の嘔吐時、脱水症状を心配して、無理に水分を取ると、
かえって嘔吐を誘発し、脱水を促してしまうことがあります。

ひどい嘔吐は、大体1日でおさまるため、
風邪の症状が落ち着くまでは、水分補給は控えるのがベターです。

kaze kikan outo 150x150 風邪の症状が出る期間は?長引くとどれくらい?

 

下痢がひどい風邪の期間

先にお話しした「胃腸風邪」の場合、
ひどい下痢の症状は、3日ほどでおさまります。

ただ人によっては、頻度は減っても
5~7日ほど、この風邪の症状が続くこともあるようです。

 

嘔吐がおさまり、下痢のみの症状が続く場合は、
イオン飲料等で、水分を摂るのが望ましいです。

 

ちなみに、この「胃腸風邪」の原因となる
ウイルスに有効な抗生剤は、まだ開発されていません。

しかし、自然に治癒する風邪ですので
水分補給や食事に気をつけていれば、症状も回復します。

 

風邪が長引く原因

風邪の症状として、下痢が長引く原因の1つとしては、
下痢止めを使用することです。

 

皆さん、つらい下痢を早く止めたくて
風邪薬や下痢止めを服用しますよね。

しかし、これが逆に下痢を長引かせてしまうのです。

 

なぜかというと、
本来なら排泄物とともに、風邪のウイルスが体外へ
排出されるはずなのですよ。

それを下痢止めによって、体内へとどめてしまい
さらには、そのせいで風邪のウイルスが、体内で増殖してしまうからです。

早く体調を戻そうと風邪薬や下痢止めを飲んでいたのに、
結果的に、症状を長引かせてしまうことがあるようです。

みなさん、心当たりはありませんか?

 

まとめ

通常であれば、風邪は1週間ほどで治るようです。

言い換えれば、無理はせずに
1週間は、安静にするべきということです。

水分を摂り、消化に良いものを食べ、
風邪から回復するまで、身体を休ませてあげましょう。

 

最後に、最も重要なのは
風邪を予防することです。

当たり前に思えるかもしれませんが、
手洗い、うがいをきちんと日常的に行うことが
風邪のウイルスから、身を守る手っ取り早い方法なのです。

 

季節の変わり目は、風邪だけでなく
体調を崩しやすい時期です。

みなさん、気をつけましょうね。