風邪には、加湿器で湿度を調整してあげると
予防や回復に効果があります。

ただし、置き場所を間違えると
逆に病気になってしまうこともあるので
加湿器の使い方には、注意がひつようです。

 

風邪の予防法の中に
湿度を保つ
という予防法があります。

kaze kashitsuki 300x195 風邪には加湿器で湿度を高める!効果の高い置き場所は?

 

風邪は、冬に流行りやすいですが、
寒さのせいではないのですよ。

他にも疲れや
栄養バランスの悪さも、影響しますが。。。

それらの要素が蓄積していって
最後の引き金になるのは
乾燥ということが多いです。

 

なぜ風邪は、加湿器で湿度を保つと防げるのか?

ちゃんとした理由や効果が分からないのに
贅沢な家電の、加湿器なんて買えません。

せっかく買ったのに
使いこなせなくても、意味ないし…

 

風邪にならないよう、加湿器をうまく使いこなして
効果的に、予防や治療をしましょう!

スポンサードサーチ

 

加湿器が風邪の予防になる理由

加湿が、なぜ風邪の予防や治療に繋がるのか。。。

 

加湿器が風邪のウイルスを
攻撃してくれる効果があるわけではありません。

そんな加湿器が発明されたら
ノーベル賞ものなのでしょうけど。

 

加湿器の目的は
部屋の湿度を上げることによって
風邪から、喉や鼻の粘膜を守ることです。

 

乾燥すると、喉や鼻の粘膜が弱ってしまい
風邪菌に対する抵抗ができなくなります。

すると風邪菌は
体の中に入りたい放題ですから、
すんなりと、風邪にかかってしまうのです。

 

加湿器で湿度を上げる効果としては
以下の様なものがあります。

  • 静電気の防止
  • 喉や鼻などの粘膜の乾燥防止
  • 菌やウイルスの活動抑制
  • ホコリなどの有害物質の飛散防止

 

裏を返せば、これらの原因は
ほとんどが乾燥であることが多いです。

そう考えると、部屋の湿度は
しっかりと確保しておきたいですね。

 

また、風邪菌は高温多湿に弱いので、
温かくして、しっかり加湿すれば
動きを抑制することができます。

 

風邪への加湿器の効果的な使い方

加湿器が風邪に効果がある、とはいっても
注意しないといけないポイントもあります。

 

それは、加湿器を使用する時間ですね。

いくら風邪の予防に効果があるからといって
一日中、運転させるのはやめましょう。

kaze kashitsuki kouka 風邪には加湿器で湿度を高める!効果の高い置き場所は?

 

湿度が高くなりすぎているのに
お部屋が、全く乾燥されないので
カビが住み着きやすくなってしまいます。

風邪にはならないかもしれませんが
カビは、病気の温床なので
他の、もっとたちの悪い病気にかかってしまうかもしれません。

 

加湿器を効果的に、かつ安全に使うには
お部屋の湿度を50~70パーセントに保つこと。

このポイントを守る事が大切です。

 

最近の加湿器は
湿度を設定できるモノも多いので、
そういったものを使うことをおススメします。

また、お部屋にいないときや昼間などは
窓を開けて、乾燥させましょう。

自分が部屋にいるときは、加湿器で湿度を保ち
外にいるときは、しっかりと乾燥させる。

このメリハリをつければ
安全に加湿器を使うことができますよ。

 

加湿器の設置場所

より効果的に加湿器を使うためには
設置場所にも、気を使う必要があります。

どこに置いてもいい
というわけじゃないのですね。

 

具体的には、以下の様なポイントに注意して
加湿器の場所を決めて下さい。

  • 部屋の隅に置かない
  • ある程度高いところに置く
  • エアコンの風邪が当たらないようにする

 

部屋の隅に、加湿器をおいてしまうと
全体に湿度が行き渡る前に
ドアなどから、逃げてしまいます。

また、あまり低い場所に加湿器を置くと
足元は湿度が高いけれど、
呼吸をする顔の周りは乾燥してたりもします。

ですので、腰の高さよりも上くらいの場所を目安に
加湿器を置いて下さいね。

 

加湿器の思わぬ落とし穴

風邪に効果がある、ありがたい存在の加湿器ですが
なんと、使い方次第では
病気になってしまうことがあるんです。。。

健康になるために、使っているのに
逆に加湿器が原因で、病気になってしまったら
それほど馬鹿らしいことはありませんよね。

 

じゃあ、加湿器をつかうことで
どんな病気になってしまう可能性があるのでしょうか。

 

それは、過敏性肺臓炎という病気です。

もう名前が怖いですね。

 

この病気は
加湿器の中のカビや汚れが、空気中に広がり、
結果的に、肺を汚染してしまう、というものです。

 

空気中に、カビをまき散らす加湿器。

考えただけでぞっとしますね。。。

 

過敏性肺臓炎にならないためには
とにかく、加湿器をきれいにしておくこと!

簡単なようですが、
意外と、加湿器の掃除を忘れる人って
多いんですよね。

 

加湿器の機能と構造を、よく見て買わないと
中まで、清掃ができない機種の加湿器も!

パーツを全部取り外せて、
いつでも清潔にできる加湿器が
選ぶ最低条件です。

 

風邪だけじゃなく
カビからも身を守るように
加湿器を使いましょうね。

 

まとめ

せっかく買った加湿器、
ちゃんと効果があるように利用して
宝の持ち腐れにならないようにしたいですね。

 

風邪やインフルエンザなど
冬に流行る菌やウイルスは
ほとんどが、乾燥好きという特徴があります。

菌やウイルスが、乾燥好きなら
加湿器で湿度を高めてやって
居心地の悪い環境を作ってやりましょう!

 

でも、くれぐれも
加湿器の掃除とカビにはご注意を。。。

カビてしまったら
効果もクソもありませんからね。

加湿器の有効活用で
風邪菌だらけの冬を乗り切りましょう!