花粉症のシーズンに雨が降った時
なぜか症状がひどくなる方っていますよね。

普通なら、雨のお陰で花粉が飛ばなくなって
花粉症も抑えられるはずなのに
なぜひどくなるのか?

kafunsho rain 300x180 雨でも花粉症がひどい!原因は気圧にあった!?

 

自分だけなのかと思って調べて見ると
多数派ではないものの
それなりに雨の日にひどくなる人はいるようですね。

この雨の日に花粉症がひどくなる理由って
なんなのでしょうか?

 

純粋に疑問でしたし、対策が欲しかったので
雨の日に花粉症がひどくなる事について
調べてまとめてみました。

スポンサードサーチ

雨の日に花粉症がひどくなる理由

普通に考えて、雨の日は花粉が雨の湿気で飛ばなくなり
吸い込む量も減るので
花粉症は落ち着くはずですよね。

ですが、一部の花粉症の人は
雨のほうが、鼻水が出たり、痒みがひどくなったり
と症状がひどく出るようです。

 

この雨の日の方が、花粉症がひどくなる原因ですが
実は花粉そのものではなく
気圧にあるようでした。

雨が降ると、晴れのときと比べて
気圧が下がるようになっています。

雨が降って低気圧になると
体内のヒスタミンが分泌されてしまい
花粉症の症状がひどくなるのです。

 

ヒスタミンが出ると症状が悪化する
というのは、花粉症の時にお酒を飲むと悪化する
というのと同じですよね。

ヒスタミンが分泌されると
アレルギー反応を引き起こす働きをするので
花粉症の症状もひどくなるわけです。

この症状自体は、
実は花粉症というより、鼻炎に近いのですが
花粉症と合併症を引き起こすこともあります。

その結果、普段より酷い花粉症に
感じてしまうわけですね。

 

また、ヒスタミンが体内で増加するだけでなく
雨で副交感神経が活発になることも
原因のひとつとして考えられるでしょう。

副交感神経が活発になると
アレルギー性鼻炎などがひどくなる
というように言われています。

 

ほかにも、雨のために湿度が上昇して
それが花粉症の症状を引き起こす
ということも指摘されています。

1番の原因はヒスタミンの増加なのでしょうが
それ以外にも、副交感神経や湿度など
より花粉症をひどくする要素が、絡み合ってるのですね。

 

こういった相乗的な要素によって
雨の日に花粉症がひどくなるのですね。

では、雨の日には
花粉症対策はどうすればいいのでしょうか?

 

雨の日の花粉症対策

雨の日に花粉症がひどくなるのを防ぐには
まず天気に関係なく、花粉症対策をする
という必要がありますね。

  • 雨だから安心と思わずにマスクは必ず着ける。
  • 手洗いうがいは欠かさない
  • ヨーグルトを食べる

など。

 

ほかに、鼻うがいも花粉症には効果的です。

とにかく、毎日どんな時でも
花粉症対策を欠かさない事が重要です。

 

それでも花粉症の症状がひどい場合は
耳鼻科などに行って、薬をもらってきましょう。

最近では、花粉症の特効薬である
アレグラも薬局で売ってますからね。

薬に頼りたくない人もいるかもしれませんが
花粉症の症状と天秤にかけて
飲むかどうかを考えてみてください。

 

まとめ

花粉症になっただけでもしんどいのに
雨の日にひどくなるなんて
たまったものではないですよね。

気圧なんて、個人でどうにかできるものではないですし
大人しく、普段通りの花粉症対策を
しておきましょうか。

 

それでも我慢できそうにないなら
耳鼻科に相談です。

花粉症の薬を使うだけでも
だいぶ楽になりますよ。

 

とにかく、雨だろうと晴れだろうと
花粉症対策として、できることをやりましょう。

あとは、シーズン前から
花粉症に備えた体質改善をするなどの
努力も良いでしょうね。