花粉症が流行ってくる季節。

少しでも花粉症の症状を抑えたいと
色々と試している人も多いでしょう。

kafunsho aroma 300x224 花粉症にはアロマが効果が!マスクやスプレーでの使い方とは?

 

まだ試したことないなら
アロマで花粉症対策をしてみるのは
どうでしょうか?

一部の人からは
アロマの花粉症への効果が高いと評判で
積極的にやっているようですよ。

 

ここでは、アロマの花粉症への効果や
より効果の高いアロマのブレンドのレシピなど
アロマを使った花粉症対策をご紹介します。

スポンサードサーチ

花粉症へのアロマの効果は?

まず、花粉症の原因ですが
これは体の中の免疫バランスが崩れ
過剰に反応してしまうことにあります。

この免疫の反応に対して
アロマがバランスを整えたり、鎮静効果を発揮して
花粉症の症状を抑えてくれるのですね。

 

特にアロマは香りを出すので
鼻を通して、粘膜に吸収されて
炎症が抑えられるのですよ。

アロマの香りを楽しんでいると
鼻がスーッと通る感覚があると思いますが
これが、まさしくその効果です。

 

花粉症のひとは、シーズン中はなるべく
部屋の中にアロマオイルなどを焚いて
その効果を感じられるようにした方がいいですね。

 

花粉症に効果の高いアロマ

アロマと一口に言っても
その種類は様々です。

もちろん、アロマ全てが
花粉症に効果を発揮するわけではありません。

 

花粉症に対して効果が高いのは
以下のアロマなどです。

  • ラベンダー
  • ユーカリ
  • ローズマリー
  • ティーツリー

他にも、細かい種類を挙げれば色々ありますが
このあたりのアロマが
花粉症対策としては有名ですね。

 

とくにユーカリは
粘膜炎症の鎮静作用が強いので
花粉症対策に効果が高いと言われています。

 

花粉症対策としてのアロマの使い方

花粉症への対策としてアロマを使うとして
どう使ったらいいのでしょうか?

簡単にアロマを使う方法としては
以下の様なものが考えられます。

  • アロマスプレーにして振りかける
  • アロマオイルを焚く
  • マクスにアロマを染みこませる

 

これらのアロマの使い方について
1つずつご紹介します。

 

アロマスプレーにして振りかける

まず、1番汎用性が高いのが
アロマスプレーにして、振りかけて使う
という方法です。

100均に売っている小さなスプレーボトルに
水を8分くらい入れて、そこにアロマオイルを数滴垂らす
というだけで完成です。

 

これなら持ち歩きが便利ですし
花粉症の症状が強くなってきたと思ったら
アロマスプレーをシュッと一吹きすれば楽になります。

アロマの良い香りもするので
香水の代わりとしても使えて、一石二鳥ですしね。

 

アロマオイルを焚く

これがアロマの王道的な使い方ですが
アロマオイルを部屋で焚く
という使い方も効果的です。

特に寝る前に焚いておくか
加湿器の中にアロマオイルを数滴垂らして寝れば
夜の花粉症の症状が、かなり楽になりますよ。

 

難点は、自分の部屋でないと使えないことですが
1番リラックスする時間を、花粉症から解放させる
という意味では、重要な使い方ですよね。

最近はアロマオイルとランプなども
100均で買うことができるので
準備も簡単にできます。

花粉症で息苦しくて、寝ることが出来ない
というのであれば、アロマオイルを試してもいいでしょうね。

 

マクスにアロマを染みこませる

花粉への防御を完璧にしつつ
どこでも花粉症対策をしたいのなら
マスクにアロマを染みこませる手もあります。

これなら24時間、いつでもどこでも使えるので
花粉症の症状をかなり抑える事ができますよ。

 

直にアロマを嗅ぐことになるので
マスクにアロマを落としすぎると
気分が悪くなるかも知れませんが。。。

そこの調整だけ気をつけていれば
あとは比較的、簡単にできる花粉症対策だと思いますよ。

好きなアロマの香りであれば
気分転換にもなるので、一石二鳥です。

 

まとめ

花粉症の予防や対策といえば
薬などの医療的なところに目が向きがちです。

ですが、身体に副作用などをもたらさない
アロマのような花粉症対策も
実はちゃんとあるのです。

しかも、効果も科学的に認められているので
ばっちり花粉症をアロマで抑えることができます。

 

もしアロマの香りが嫌いでないのなら
花粉症対策にアロマを使ってみてはどうでしょうか。

手軽に実践できますし
花粉症対策を機に、アロマの世界にハマるかもしれませんよ。