毎年、寒くなり始めると
インフルエンザの流行が始まります。

最近では、学級閉鎖なども
早い時期から聞かれるようになり、
長期でのインフルエンザ流行が、見られるようになりましたね。

influenza ryuukou 300x201 インフルエンザの流行はいつから?予防接種を受ける時期と期間を要チェック!

 

こうやって、インフルエンザと簡単に言ってますが
そもそも、インフルエンザとはどういうもの
どんな感じで流行するのか。

また、インフルエンザにかからないようにする
予防接種も、どれくらいの期間有効なのかなど
知ってるようで、知らないことが多くないでしょうか。

 

もしかしたら
正しいと思っていた知識が、全然間違っていた
なんてこともありえますよね。

ちゃんと正しい知識と早めの対策で、
何とかインフルエンザに、かからないようにしたいものです。

これを機に、インフルエンザの流行に関して
しっかりと学び直しましょうか。

スポンサードサーチ

 

風邪とインフルエンザの違い

よく、熱と咳がでるから、風邪かと思ってたのに
実はインフルエンザだった
なんてことが、あります。

症状としては、風邪とインフルエンザは似てるので
素人目には、間違えやすいんですよね。

正直なところ
風邪とインフルエンザって、何がどう違うのでしょうか。

 

かなり気になって調べたので
普通の風邪とインフルエンザの違い
簡単に説明しておきますね。

 

まず、普通の風邪は、
一年中、季節の変わり目や疲れた時など、
いつでも、かかってしまいます。

また、比較的ゆっくり発症しますね。

のどの痛み、鼻水、くしゃみ、咳などが症状としてありますが、
熱はそれほど高熱にはならず、重症化しにくいのが特徴です。

 

一方、インフルエンザ冬から春にかけての特定期間
ヒトからヒトへウイルス感染で発症する病気です。

症状は一般の風邪と同じ症状の他に、
筋肉痛、頭痛、関節痛などがあり、熱は38度以上の高熱です。

急激に発症し、重症化しやすいのが特徴です。

 

毎年、10人に1人の割合で、発症する病気なのです。

子供や高齢の方、また心臓病、糖尿病、呼吸器の病気など、
慢性疾患のある方、妊娠している方は特に注意が必要です。

 

次に、そんな怖いインフルエンザに、かからないようにするための
予防接種について、お話したいと思います。

 

インフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防方法には
手洗いうがいや、アルコール消毒など
基本的なこともたくさんあります。

ですが、一番インフルエンザの予防として効果が高いのは
やっぱり、予防接種でしょうね。

influenza ryuukou yobousesshu インフルエンザの流行はいつから?予防接種を受ける時期と期間を要チェック!

 

どこの医療機関でも、
このインフルエンザの予防接種は、受けられると思いますが、
当然、効果が高い分、流行時期の需要はたかまります。

みんながみんな、インフルエンザの予防接種を受けようと
病院に殺到し、混雑してることも多いので
予約が必要な場合もあります。

必ずチェックしてくださいね。

 

予防接種の開始時期
大体、10月位から実施している医療機関が多いと思います。

何日から開始するのか、こちらも医療機関に直接、
問い合わせてみてくださいね。

また、このインフルエンザの予防接種の終了
1月いっぱい位のところが多いようですよ。

 

接種するのに一番有効的なのはいつなのでしょう?

インフルエンザのピーク1月~2月ですが、
最近では12月でも流行ることがあるので、危ないですね。

そんなインフルエンザの流行に対し、予防接種は
接種してから抗体が上昇して、
効き始めるのが、2週間後位からと少し時間差があります。

なので、11月から遅くとも12月の上旬には
受けておきたいものです。

 

ちなみに、このインフルエンザ予防接種を受ける回数ですが
大人は、1回の接種で大丈夫です。

もちろん、複数回受けることで
インフルエンザにかかるリスクは減りますので
時間とお財布と相談して、決めてくださいね。

 

それに対して、3歳~13歳未満の子供の場合
0.5mlを2回は予防接種をします。

当然ながら
子供のほうが、大人よりも抵抗力が弱いですからね。

自分たち以上に、気を配ってあげてください。

 

もし、インフルエンザの予防接種を複数回受ける場合は
1回目から2回目の期間
3週間から5週間を目安にしてください。

お医者さんも、期間については言ってくれると思いますが
ちゃんと、スケジュールを空けておいて
受診できるようにしましょうね。

 

こうやって、インフルエンザの予防接種をすることで、
インフルエンザ脳症などの、危険な病気になるリスク
少なくすることができます。

こういうものには、ケチらずに
ちゃんと受けておいたほうが良いと思いますよ。

インフルエンザに本当にかかってしまった時のほうが
予防接種代よりも、お金がかかってしまいますからね。

 

インフルエンザ予防接種の効果の持続期間

インフルエンザの予防接種を受けて、一安心
という感じですが、効き目はいつまで続くんでしょうか?

一番肝心な時期に
効き目が切れてインフルエンザにかかってしまった
なんて、洒落になりませんよね。

予防接種の有効期間はどれくらい続くのか
しっかりと、押さえておきましょう。

influenza ryuukou yobousesshu kikan インフルエンザの流行はいつから?予防接種を受ける時期と期間を要チェック!

 

インフルエンザの予防接種は
実施から5カ月間、効果が持続します。

なので、11月初めに接種した場合、
効き始めるのが11月中旬で、4月半ばくらいまで効果がある
ということになりますね。

 

注意しなくてはいけないのは、接種しても2週間は抗体ができないので、
その間にインフルエンザにかかってしまった場合は、
残念ながら、「時すでに遅し!」ということになってしまいます。

しかし、全く効果がないというわけではないのです。

ちょっと、ややこしい話になるので、少しだけ説明しますね。

 

インフルエンザの種類

インフルエンザには何種類かあります。

A香港型とかB型インフルエンザとか、Aロシア型とか、
聞いたことがあると思います。

毎年、流行しそうな型を3つ選んで
それらの混合ワクチンを作るわけです。

 

2014年はA香港型とB型インフルエンザと
2009年に流行した新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)の三種類です。

ですから、鳥インフルエンザやロシア型には
この予防接種は効きません。

 

例えば、先ほどの人が
新型インフルエンザにかかってしまったとします。

そのあとに予防接種を受けた場合、
A香港型とB型インフルエンザは予防出来るわけです。

 

このように、注射してもかかってしまう場合はあります。

予防接種はあくまで
インフルエンザにかかるリスクを減らせる
というシロモノですからね。

しかし、インフルエンザの重症化を防ぐためにも、
予防接種は大切だと思います。

 

受ける、受けないは個人の判断になりますが、
少しでも、インフルエンザにかかるリスクを避ける方向
考えてはいかがでしょうか。

 

まとめ

インフルエンザは、毎年流行して
かかってしまうと、かなり酷いことになります。

ですので、インフルエンザが流行する前に
ちゃんと予防接種を受けておきましょう。

万全を期すのであれば
本格的にインフルエンザが流行しだす前の
11月には、予防接種を受けておきたいですね。

 

注射が苦手というひとは
最近だと、鼻から摂取する予防接種もあるようですので
近くの病院で使えるか、聞いてみてもいいかもしれません。

鼻からのインフルエンザ予防接種が受けれなくても
一瞬だけのことなので
我慢して、受けてくださいね。

 

感染力も非常に強いので
インフルエンザの流行時期前に
家族全員で、しっかりと対策しましょうね。