インフルエンザの予防薬に
リレンザというものがあるのを、知っていましたか?

 リレンザの効き目は?吸入方法や時間、副作用についてこのリレンザという薬は、タミフルと比べると

知名度は低めかも。

また効き目や使用法、時間についても
分からないかもしれりません。

でも、リレンザについては知っておかないと、
インフルエンザになった時に、絶対に損をしますよ!

 

リレンザの効き目が
どれくらいインフルエンザに効果があるかを学んで、
予防法の一つに加えてください。

スポンサードサーチ

 

インフルエンザの治療薬リレンザ

リレンザはインフルエンザを治すだけではなく、
予防にも効き目があるとされています。

タミフルは副作用も怖いですし、
インフルエンザの予防には、効き目がありません。

 

そう考えたら、
リレンザしかないでしょう!

といいたいところですが、リレンザの場合は
服用方法や期間、時間を守るのは
少し面倒かも。

メリットもデメリットもあります。

使用する前に知っておきましょう。

 

リレンザの効果

リレンザは、インフルエンザ感染後
48時間以内に吸入すると、症状を約1.5日分短縮する
効果があると言われています。

 

妊娠中や授乳中の人にも
OKを出すお医者さんが多いようです。

妊婦さんはインフルエンザに感染すると
重篤な症状がでることもありますから、
心強いですね。

 

子供への服用制限もありませんから、
安心して吸入できます。

 

リレンザの吸入方法

リレンザは、吸入タイプのお薬です。

吸入方法としては
1日に計2回、1回10mlを吸入します。

予防として吸入する場合は、1日1回10mlです。

 

リレンザは、専用の吸入器に
ブリスターと呼ばれる、粉状の薬が入ったディスクを
セットして吸入します。

このブリスターを1回につき1つ使います。

これを決められた時間に、5日間続けて行います。

 

毎日というのが少し面倒かもしれませんが、
予防のためなら、吸入方法を守らないといけません!

ちゃんと守ってくださいね。

 

リレンザの副作用

リレンザの副作用としては
以下の様なものがあります。

  • 下痢
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 発疹
  • 嗅覚障害

 

リレンザを飲んで、副作用の症状がでる可能性は
そんなに高くありませんが、
症状がでたら、すぐに病院に行きましょう。

 

重い副作用は、極めて低い可能性でおきます。

なかには、アナフィラキシーショックがあるので、
小さい子供がリレンザを吸入する時は
目を離さないようにしてくださいね。

子供の場合は、リレンザの副作用が出てしまったら
大人よりも症状が重たくなってしまいますからね。

 

副作用も含め、リレンザを使用する場合は
お医者さんに相談してください。

 

まとめ

メリットもデメリットもあり、
効き目も強いリレンザ。

お医者さんに処方してもらう薬なので、
しっかり相談しましょう。

 

もしリレンザを処方されたら、
少し面倒かもしれませんが
吸入法と回数、時間を守ってくださいね。

小さな子供やお年寄りには、少し難しいかもしれません。
一緒に使用方法を確認しましょう。

リレンザは効き目がバッチリなので
しっかり使えるようにしておきましょうね。