毎年、何回か日本にも、台風がやってきます。

そこで、天気予報などで使われる、台風の名前があると思うのですが
日本ではよく”台風19号”などの数字
また、海外では”ヴォンフォン”などの、海外の名前が使われています。

 

ちなみに、この2014年の台風19号、ヴォンフォン
マカオにより、命名されていて
マカオの「スズメバチ」という言葉から、取られてつけられた名前なんですね。

こんかいの台風19号の激しさから
気性の荒い、凶暴なスズメバチを思わせるイメージがありますね。

hurricane 300x225 台風の名前の付け方とは?2014年の台風19号ヴォンフォンの由来

 

名前だけ聞いていると、なんのこっちゃ?と思う方が、多いかと思うのですが
一応、台風の名前を決める基準や、委員会などが設置されており
それに基いて、決められているのです。

まあ私は、たまにニュースで、海外の台風情報をきいていると
びっくりするような名前が、でてくることがあるので
おもわず、驚いてしまうことも、ありました。

スポンサードサーチ

台風の名前の決め方

台風の名前の付け方にも、何種類かあり
番号方式で命名される場合には、台風のシーズンでの発生順を表す番号
台風の名前として、使う方式となります。

 

また、リスト方式で、命名する場合は
台風委員会というところに加盟している国や地域が、提出をした
アジア名を、順番に付ける方式となっています。

1999年までは、アメリカでは英語名を、名付けていたそうなのですが
2000年より、アジア名が付けられるように、なったそうです。

 

日本的に考えると、やはり台風16号といった
番号方式が、主流だと思います。

 

台風の名前の由来は?

日本を含む、アジアでの台風の名前の、由来について
お話ししたいと思います。

 

実際に、国ごとに
その台風の名前を、つけられる(提出できる)とのことです。

しかし台風に、名前を付けても
国外では、広く使用されている場合が、あるようなのですが
国内では、名前で呼ぶ事は少ないのが、現状です。

 

台風委員会加盟国が、140個の名前を用意したことが、あったのですが
2000年のカンボジア委員会が、”ダムレイ(象)”という名前が承認され
140個全て使用すると、再び「ダムレイ」の名前が、繰り返し使われています。

個人的には、”象さんがきたぞ!!”と、ニュースで報道されたら
本当の動物の象がきたのかと、勘違いしてしまいそうですw

米軍の台風情報を、確認しながら
象さんの動向を、ハラハラしながら、ウォッチしちゃいそうですよ。

 

それに比べ、日本の場合は
”星座”の名前をもとに、決められていると言われています。

コンパス、トカゲ、ワシ、やぎなど
全て、星座から名前を、とってきています。

 

台風の名前、国ごとの違いは?

他の国との違いを、考えてみましょう。

実は、アメリカのハリケーンに関しては
また別の組織が、命名しているのです。

 

大西洋北部、さらに太平洋北東部のハリケーンに関しては
マイアミの「国立ハリケーンセンター」というところ、命名をします。

それに対し、太平洋北中部に発生する、ハリケーンについては
ホノルルにある「中部太平洋ハリケーンセンター」が、命名しているとのことです。

冒頭でも、お話したとおり
アメリカは、女性の名前をつけることが、多いです。

 

また、中国では”雷神”、”孫悟空”、”海神”など
台風の勢いなどに、関連した名前をつけているように、感じます。

私は、やはり台風に直接、関連していることから
中国の名前が、カッコイイのでは、と思ってしまいました。

今回最新の台風19号のヴォンフォンも、「スズメバチ」という言葉が由来なので
やっぱり強そうなイメージが浮かびますね。

 

2014年の台風11号、ハーロンのように
湾から取られるなど、地名が出てくるケースもあるなど
結構、バラエティに富んでいるんですね。