クリスマスのリースの作り方って
実は簡単だって、知ってましたか?

たしかに、よくクリスマスのリースを見てみると
材料的に子供でも作れそうな感じがしますよね。

christmas wreath make 300x225 クリスマスのリースの簡単な作り方!素材の意味は意外!?

 

ちなみに、もうすぐクリスマス。

皆さん、もう飾りつけはされましたか?

ツリーは、大きくて無理だとしても
クリスマスのリースくらいなら、小さくて手軽なので
簡単に材料から作れますよ。

せめて、リースだけでも作って
クリスマス気分を味わいましょうよ。

 

クリスマスの飾りの準備が
まだという方も、もう少し飾りを増やしたい方も
この情報は必見!

オリジナルのクリスマスのリースを
簡単に、材料から作ってみませんか?

スポンサードサーチ

クリスマスリースの材料の意味

まずクリスマスのリースを作る前に、
材料の意味から、見ていきましょう。

意味を知っていると、キリスト教には疎い
日本人の我々でも、クリスマスリースへのありがたみが
じわじわと湧いてきますよ。

 

  • 常緑樹の葉(モミの木や松、月桂樹など)…魔除け・豊作
  • トゲのある柊の葉…キリストの受難 キリストが最期にかぶせられたイバラを象徴
  • 柊の赤い実…キリストの流した赤い血を象徴
  • ブドウ…キリストの象徴 ワインはキリストの血を象徴しますよね。
  • 作物…収穫の象徴 松ぼっくり、麦の穂、ブドウのつる、リンゴなど。
  • リボンやベルなど…魔除けの意味 日本でも鈴は魔除けとして使われます。

 

キリスト教徒ではない日本人には
あまりピンと来ない物も、多いかもしれませんね。

反面、日本の文化とキリスト教の共通点も見受けられ、
少しは、馴染みのなかったクリスマスのリースにも
親近感が湧いたのではないでしょうか?

christmas wreath sozai 300x225 クリスマスのリースの簡単な作り方!素材の意味は意外!?

 

では、クリスマスのリースの素材の意味が分かったところで
その素材を使った、リースの作り方について
簡単にお話していきましょうか。

 

簡単!クリスマスリースの作り方

簡単で、意外と安く作れる
手作りのクリスマスリース。

ぜひ下記の作り方を参考に
あなたも、自分で作ってみてください。

 

手作りのほうが、ご利益がありそうな気がしますし
既成品っぽさもなくなるので、味がでますからね。

ワンランク上のオシャレっぽくなるので
ぜひ、挑戦してみてください。

 

クリスマスリースの材料

自分で作るために
まず、クリスマスのリースの材料から。

  • モミの枝(モミ以外でも緑の葉の枝なら構いません)
  • 木のつる(リース用に円状で売っているものが便利です)
  • りぼん
  • ひも
  • 針金(緑だと目立たなくて便利です)
  • 南京ハゼや唐辛子などの赤い実
  • まつぼっくり
  • グルーガン
  • はさみ
  • フローラテープ

 

こんなかんじで、結構必要な物の種類は多いですね。

とはいえ、このリースの材料は
半分以上は、家にあるものだったり
まつぼっくりなど、近くの公園なんかで拾ってこれるものです。

要は、お金がかからないんですね。

 

ちなみに、グルーガンって何?
という方も多いかもしれません。
これは簡単にいうと、接着剤です。

ピストル型の本体にスティックを差し、
温めることで先端から接着剤が出てきます。

christmas wreath gluegun 300x225 クリスマスのリースの簡単な作り方!素材の意味は意外!?

 

グルーガンは、冷めると固まるので、
乾燥させるタイプの接着剤より
早くくっつくので便利です。

100均や手芸屋さん、東急ハンズなどで売っているので
簡単に手に入ります。

 

クリスマスリースの作り方

  1. グルーガンで唐辛子、木の実のヘタを固める。
  2. フローラテープで素材の枝をまとめる。
  3. 針金でツルにモミの枝を、出来るだけ等間隔に巻き付けていく。
  4. リボンやひもを巻き付けます。
  5. 素材をバランスよくくっつけていく。
  6. グルーガンでマツボックリをくっつける。
  7. 手作りリースの完成!


唐辛子を、木の実のヘタに固めるのは
リース本体にヘタを固定したら、
肝心の実が落ちてしまった、という失敗を防ぐためです。

 

また、フローラテープで、枝をまとめておくと
一本一本つけるよりも楽ですし、なにより見栄えがよくなります。

針金をモミの枝に巻きつける時は
針金が等間隔で巻かれていると、刺しやすくなります。

 

このあたりのポイントに注意すれば
結構、キレイに作れるものですよ。

材料費は、どう考えても安く済むので
ためしにクリスマスのリースを作ってみてください。

 

まとめ

クリスマスリースの作り方は
いかがでしたでしょうか?

思ったより簡単に作れたのではないでしょうか。

 

クリスマスリースの材料も、
公園で集められそうなものばかり。

それだと不安だという人には
リース作成キットが、ホームセンターなどでも手に入ります。

ある意味既成品なだけあって
そちらの方は、作り方も手順を踏んだ、簡単なものになってます。

 

どちらを選んでもいいですが
いずれにせよ、リースを飾って
クリスマス気分を満喫してくださいね。

これを機に、あなただけの
オリジナルなクリスマスのリースを作ってみませんか?