上司へのバレンタインチョコと一緒に
メッセージカードを添えてみませんか?

たかが義理チョコかもしれませんが
一言、メッセージを添えるだけで
上司からの印象は、だいぶ変わりますよ。

valentine joushi message 上司のバレンタインにメッセージを贈ろう!勘違いされない文章の例文3選

 

しかし、上司へのバレンタインのチョコに
メッセージカードを添えたことで
誤解をされては困りますよね。

あくまでも、事務的な言葉で
上司からも誤解の無いようにしなくてはいけません。

そのためには、上司にメッセージをいれたチョコを渡す時も
二人きりなどはもってのほかですよ。(笑)

 

バレンタインのメッセージを書くのにも
どのように書いたら良いのか。
不安になりますよね。

そこで、今回は

  • 上司に誤解をされないメッセージのポイント
  • バレンタインのメッセージの例文
  • メッセージカードの選び方

について、それぞれ説明したいと
思います。

スポンサードサーチ

 

上司に誤解をされないメッセージのポイント

「上司に誤解されないメッセージって、書くのがめんどう。」
と思っている方は、多いはずですよね。

バレンタインで誤解されないように
上司にメッセージを書くためには
ポイントは大きく4つあります。

 

上司への感謝の気持ちをメッセージに書く

「上司にお世話になってない。」
「感謝してない。」

などなど、思っているかもしれませんが
そこは、大人の女性として社交辞令と思って
バレンタインくらい、わりきって書く事が大切ですよ。(笑)

感謝のメッセージを伝えてきた部下を
上司も誇りに思うはずです。

 

誤解をされないようにメッセージを書く

何気ない一言でも、バレンタインというタイミングを考えれば
メッセージを送った上司から、誤解されることもあります。

しかも、メッセージは文字に残るのですから
思ってもいない想像する上司もいるでしょう。

「いつもいつも・・・」「飲みに連れて行って・・・」
など、上司の想像を掻き立てるメッセージはNGです。

あくまでも、事務的で短い文章のメッセージがよく、
しかも、どの上司にも同じ文章がいいと思います。

valentine joushi bunmen 300x198 上司のバレンタインにメッセージを贈ろう!勘違いされない文章の例文3選

 

敬語をつかってメッセージを書く

敬語をつかうと、より事務的な文章になります。

「です。」「ます。」調などで書かれると
書類のようで、事務的ですよね。(笑)

そもそも、会社の中では
上司に敬語を使うのが、社会人としてのマナーなので
なんの不思議もありませんよね。

 

周りにも誤解されないメッセージにする

バレンタインという特別製を考えても
上司だけでなく、周りに誤解を招くメッセージはいけません。

特に、奥さんがいる上司には
奥さんがバレンタインのメッセージを見る!
なんてこともあります。

そのため、「愛をこめて」
「いつもありがとうございま~す。♥」
などの、女を感じさせるようなメッセージはNGです。

 

誰がみても、社交辞令なメッセージが
上司へのバレンタインのチョコには、一番いいと思いますよ。

ピンクのペンなど、色付きのカードを使ったメッセージ
上司の誤解を招くおそれがあります。

特に、ハートをメッセージに書いたりするのは
絶対にいけません。

 

バレンタインのメッセージの例文を見てみよう!

先ほど、上司へのバレンタインのメッセージについて
4つのポイントをあげました。

ですがやっぱり、文章って難しいですよね。

そこで、ちょっとバレンタインの上司へのメッセージについての例文
あげてみようと思います。

valentine joushi reibun 上司のバレンタインにメッセージを贈ろう!勘違いされない文章の例文3選

 

上司へのバレンタインのメッセージ|例文1

「『上司の名前』様

いつもありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

『送り主名前』または、女子社員一同」

 

シンプルですが、この2行のメッセージで
上司への感謝の気持ちを表します。

事務的なメッセージでもあり、
このメッセージで、上司が深読みすることはないと思います。

週に何回か話をする程度の上司
バレンタインで渡すときに、良いかもしれません。

 

上司へのバレンタインのメッセージ|例文2

「『上司の名前』

日頃、お気遣いありがとうございます。
これからもご指導よろしくお願いします。
日頃の感謝の気持ちです。

『送り主名前』または、女子社員一同」

尊敬している上司や
よく指導を受けている上司に贈るメッセージとして
おすすめですよ。

 

上司へのバレンタインのメッセージ|例文3

「『上司の名前』

いつもありがとうございます。
感謝の気持ちです。
これからもご指導お願いします。

『送り主名前』または、女子社員一同」

 

これは、例文2のメッセージと逆で
指導は受けているが、あまり尊敬していない上司へのバレンタイン
このメッセージを贈ってはいかがでしょう。

 

3つのバレンタインに使えるメッセージの例文をあげましたが
上司に使ってみてはいかがですか?

参考にしてみてくださいね。

 

メッセージカードの選び方

バレンタインの上司へのメッセージでは
メッセージカードを選ぶのも重要です。

季節感が溢れるものですが
ピンクやハート
上司へのバレンタインには、避けるべきです。

 

そして、上司に誤解されないようにするには
封筒などには、メッセージを入れないことです。

内容が見えないと、メッセージに何を書いているのか
周りは想像してしまいます。

バレンタインとは、そういうイベントですからね。
場合によっては、上司にバレンタインのチョコを贈るだけで
目立ってしまう事もあるくらいですから

火種は早いうちに、潰しておくに限ります。

 

上司へのバレンタインのメッセージの場合は
小さく水色やグリーンのカードなどにすると
シンプルになるかもしれません。

valentine joushi card blue 300x225 上司のバレンタインにメッセージを贈ろう!勘違いされない文章の例文3選

 

まとめ

上司へのバレンタインのメッセージの書き方は
どうでしたか?

誤解をされずに感謝を伝えるメッセージは
大変難しいですよね。

言葉では、いくらでもごまかすことはできますが
メッセージの場合は、文字は残りますからね。

 

しかし、バレンタインなどのイベントのときに
上司に感謝を伝えることは
大人の女性として大切なことです。

しっかりと、上司に感謝の気持ちを伝えるメッセージを
バレンタインに書いてくださいね。