もうすぐ、大学受験の第一関門である
センター試験が始まりますね。

もう準備は万全でしょうか?

center tokei 300x300 センター試験の時計は何を使う?おすすめの時計の種類は?

 

緊張のあまり、センター試験当日に
忘れ物をしないように、注意しましょうね。

特に、時計を忘れてしまったら
会場によっては、かなりヤバイですよ。

時計も、色んな種類があるので
自分が慣れ親しんだ時計のほうが
精神的にも楽になり、高得点をとりやすいかも。

 

というわけで、普段の力を発揮できるように
センター試験で使うべき時計について
種類などをピックアップしてみました。

スポンサードサーチ

 

センター試験でおすすめの時計は?

センター試験では、会場によっては時計が無かったり
また、時計が見えない位置に設置されてることがあります。

そのため、会場で慌てないためにも
自分で時計を持っていくのがベストですね。

 

そういった事情を考慮して
センター試験では、時計の持ち込みはOKという事になっています。

ただし、計算機能がついた時計は
数学などで不正利用が考えられるので
持ち込みがNGとされています。

この条件を満たしていれば
基本的には、常識の範囲内であれば
時計の持ち込みが可能です。

 

では、センター試験では
どういう時計を使うのがいいでしょうか?

もちろん、人によって
相性が合う時計は違います。

ですので、それぞれの時計について
センター試験でのメリットなどをまとめました。

こちらを確認して
自分に合う時計を、センター試験に持ち込みましょう。

 

腕時計

まずは、1番考えやすい
腕時計についてです。

腕時計を使うというのが
センター試験でも、オーソドックスだと思います。

 

腕時計のメリットとしては
1番慣れ親しんだ時計の可能性が高い
というところですね。

普段から、腕時計を着けているのであれば
緊張するセンター試験でも、すこし安心感が湧きます。

なので、普段から腕時計をする習慣があるひとは
センター試験でも、腕時計を使うと良いでしょう。

 

ただし、注意点としては
センター試験中は、腕時計を外して
机の上に置いておいたほうが良いです。

そのほうが、時計を見るときに時間のロスも少なくなり
試験官からカンニングの疑いも、かけられづらいですからね。

 

デジタル時計

次に、デジタル時計についてです。

デジタル時計の場合、試験の残り時間が
あと何分なのかが、数字でパッと分かります。

なので、時間配分がしやすい
というメリットがありますね。

 

また、人によっては
時計の秒針が、ぐるぐる回る様子にプレッシャーを感じる
なんて場合もあるので、そういうときはデジタル時計が良いでしょう。

 

注意すべきなのが
デジタル時計の場合は、まれに計算機能がついてたりするので
センター試験前に、確認しておきましょう。

意図しないのに不正とされて、不合格になるなんて
受験に向けて頑張ってきたのに、悲しすぎますからね。

 

目覚まし時計

腕時計もしないし、デジタル時計も持ってない
という場合は、目覚まし時計でも良いです。

毎年、センター試験の受験会場でも
目覚まし時計を持ってきてる人を見かけます。

 

目覚まし時計のメリットとしては
基本的に、すでに家にある
というところでしょうか。

センター試験のために、わざわざ用意しなくても
家からそのまま持ってこれるので
お金もかかりません。

 

ただし、目覚まし時計を使う場合には
2点ほど注意があります。

まず、秒針の音が聞こえる時計なら
使うのはやめておいたほうが良いです。

時計の秒針が、カチカチ聞こえる時計だと
その音のせいで緊張が倍増してしまい
焦ってしまう事があります。

特に、残り時間10分を切ったあたりから
時間のなさに焦ってしまうのに
その焦りを倍増させてしまいますからね。

 

2点目としては、当たり前のことですが
アラームは切っておきましょう。

これも、普通なら当然ですが
センター試験で緊張してると、忘れてしまうこともあります。

かばんに入れている間に
切っておいたアラームがONになってることもあるので
センター試験開始前に、確認しておきましょうね。

 

まとめ

センター試験は、その後の大学生活を決めるための
大切な試験のひとつです。

これまで勉強してきた成果を発揮するためにも
万全で望めるような時計を使いましょう。

 

お金がかかるのが勿体ない、と思うかもしれませんが
1年浪人したり、望まない大学に行くことを考えれば
新しい時計を用意するのも、安い買い物です。

センター試験の後で後悔しないように、
納得できる時計を、用意しておいてくださいね。