秋の七草って、ご存じですか?

一般に七草とは、人日の節句(1月7日)に
7種類の野菜が入った、お粥を食べる風習があり
そのお粥に入れる、7種類の野菜のことをいいます。

 

しかし、それは春の七草であり
それとは別に、今回のお題である
秋の七草、というものもあります。

 知られざる秋の七草とは!?七草粥も作れる?

 

秋の七草は、春の七草とは違って
直接、何か行事をするという事は、特にありません。

主には、観賞用というわけですね。

なんだか、とってもマニアックな香りがしますw

 

この秋の七草、春の七草に比べて、マイナーですが
どんなモノなのか、興味がでてきたので
色々と、調べてみました。

スポンサードサーチ

 

秋の七草の種類

実際に、秋の七草には、どのような花があるのか。

これを調べてみると
実は、夏の花が多いのです。

 

具体的に、秋の七草を挙げていくと
以下のものになります。

  • 女郎花(おみなえし)オミナエシ科
  • 尾花(おばな)イネ科
  • 桔梗(ききょう)キキョウ科
  • 撫子(なでしこ)ナデシコ科
  • 藤袴(ふじばかま)キク科
  • 葛(くず)マメ科
  • 萩(はぎ)マメ科

aki nanakusa name 300x240 知られざる秋の七草とは!?七草粥も作れる?

 

現在一般に言われている「秋の七草」
万葉の歌人である、山上憶良が歌として、詠んだことから
始まったと言われています。

 

  1. 秋の野に 咲きたる花を 指折およびおり かき数ふれば 七種ななくさの花
  2. 萩の (が) 花 尾花 葛花 瞿麦の (が) 花 女郎花 また藤袴 朝貌の (が) 花

 

この秋の七草の由来を、覚えておくだけでも
かなり、教養があると思われますよ。

頭いいと思われますので
ぜひ、ネタとしてどうぞ。

 

秋の七草の覚え方

春の七草も、同じでしたが
秋の七草の名前を覚えるのは
なかなか、簡単ではありません。

とくに、春の七草が既に有名なため
頭のなかで、ごっちゃになりがちかと思います。

ですので、いかにわかりやすく、覚えるか
というのが、重要となります。

そこで、覚え方を、いくつか用意してみたので
ご紹介してみたいと思います。

 

まずは1つめ。

(お お き な はかま は く)。

女郎花  尾花すすき  桔梗 撫子  藤袴  萩  くず

 

あるいは、 お好きな服は ?

女郎花  すすき  桔梗 撫子  藤袴  くず  萩

 

以上のような、頭文字をとった覚え方などが、主流である
といえるでしょう。

 

また、五・七・五・七・七 バージョンで覚える
という手もあります。

ハギ  キキョウ  クズ  フジバカマ  オミナエシ オバナ  ナデシコ

リズムに合わせて、繰り返していく内に
自然と覚える事ができます。

 

この中で、自分に合うものがあれば
ぜひ、使って覚えてくださいね。

覚え方も、ネタとして話せますので
教養度がグーンと、アップできますよ!

 

七草粥の作り方

秋の七草の行事は、ないといわれていますが
「七草」というくらいですから
春の七草と同じく、七草粥を作ることも出来ます。

あまり、聞いたことがないかもしれませんが
美味しく食べるための、レシピだって
ちゃんとあるんですよ。

aki nanakusa kayu 300x247 知られざる秋の七草とは!?七草粥も作れる?

 

秋の七草粥の作り方も、調べているうちに見つけたので
これも、ご紹介しますね。

目を通したら、ぜひ作ってみてください!

 

材料 は、2人分で用意すると
以下の様な感じになります

  • 鶏ガラスープ:大さじ1杯
  • ご飯:お茶碗1杯分
  • 七草:1つずつ
  • 塩:少々
  • 水:ご飯をカバーできるくらいの量

これらの材料を使って
以下の様な手順で、調理していきます。

そんなに難しい作業はないので
簡単に美味しく、作れるかと思います。

  1. 飯をお鍋に入れて、ご飯が浸る程のお水を入れ
    ふたをして、しばらく煮込みます。
  2. 用意してあった七草を全てみじん切りにします。
  3. 次に塩と、鶏がらスープ、そして七草を①の鍋にいれます。
  4. ふたをして、全体がやわらかくなるまで、弱火で煮込んで
    完成となります。

 

いかがでしょうか。

コツは、あせらずに、弱火で煮込むところですよ。

 

春の七草粥は、食べたことがある方も、多いかと思いますが
秋の七草粥も、という方は、なかなかいないと思います。

私自身、大人になるまで
その存在すら、しりませんでしたからね。

 

珍しいながらも、これも経験ですので
是非とも、食べてみてください。

いい話の種になると思いますよ。