日本の中で宇宙開発に携わりたいなら
JAXA(宇宙航空研究開発機構)に入るのが
一番良い環境でしょう。

はやぶさや、イプシロンなど
宇宙やロケットのデータが、いま一番揃っているのは
やっぱりJAXAでしょうからね。

jaxa hayabusa 憧れの宇宙飛行士 JAXAの年収と就職するには?

 

 

また、ロケット打ち上げなどにも
もしかしたら、関われる可能性が、あるので
夢があって、モチベーションが、上がりますよね。

 

とはいえ、ただでさえ
独立行政法人、ということで安定してますし
宇宙関連という、人気業界なので、倍率がヤバイかと思います。

実際に、JAXAの社員として、採用されるには
どうしたらいいのでしょうか。

スポンサードサーチ

JAXAの年収

宇宙という、最先端の環境を、研究する機関なので
給料も、ずば抜けている、というイメージがありますよね。

 

ですが、調べてみたところ
そんなに、飛び抜けるような金額、というわけではないようです。

大体、JAXAの平均年収
30歳時点で500~600万円ほど、らしいです。

月給換算すると
だいたい30~35万円といったところでしょうか。

 

こうしてみると、普通に就職したサラリーマンと
金額的には、あまり変わりませんね。

また、技術職になると、もう少し高くなり
40代で年収800万円くらい
民間の上場企業レベルの給料に、なるようです。

 

JAXAに就職するには

JAXAは、徹底したプロフェッショナルしか
職員として、雇わないような、イメージがあります。

 

しかし、どうやら採用情報をみてみると
そこまで、ガチガチに固めてるわけじゃ、ないみたいですね。

募集要項としては

  • 新卒
  • ・経験者
  • ・障害者

という、3つの採用枠があります。

 

また、よく考えれば、当然なのですが
JAXAも、独立行政法人である以上
全人員を、研究者だけ採用しているわけ、ありませんでした。

なので、特に宇宙の研究を大学でやってきたような
エリート理系学生だけを、採用するわけじゃ、ないみたいです。

ちゃんと、文系でも就職するとかは、出来ますし
なにかしらの、活躍の場は、あるようです。

 

ただし、条件は結構難しそうですね。

一応、開発職やエンジニア、事務職なんかは
基礎的な、事務能力があれば
採用される可能性は、あるらしいですが。

 

JAXAの花形職種である、宇宙飛行士
狭き門であるのに加えて、超難関な条件と倍率です。

  • 自然科学駅の大学卒以上
  • 自然科学系の研究開発に携わった経験が3年以上
  • 長期間の宇宙滞在に身体的、精神的に適応できる
  • 英語で円滑なコミュニケーションがとれる(英語検定1級以上の英会話能力)

うわー、こうしてみると
やたらと難しそうですね。

しかも、倍率はなんと
約300倍、なんだとかΣ(゚Д゚)

 

ですが、それだけの関門を
乗り越える価値も、充分ありますよ。

人類のフロンティアに、出ていくためにも
どんどん、優秀な人材が
宇宙に向けて、飛び出して行って、欲しいですね。