寒くなって空気が乾燥してくると
普段よりも、風邪をひきやすくなってきます。

風邪をひいたら、薬を飲めばいい、と考えがちですが
そうもいかないのが、妊婦さんですよね。

お腹の赤ちゃんのことを、考えると
悪い影響が、出てしまうことも、考えて
中々、風邪薬を飲みづらいのでは、ないでしょうか。

ninpu drug 300x219 妊娠中の風邪薬は危険!?飲んでいい風邪薬はあるのか?

 

実は、妊婦さんでも、妊娠何週目かによって
薬を飲んで良い時期避けたほうが良い時期など
変わってくる、らしいんですよ。

僕も結婚して、子供が出来た時のことを考えて
いまから、未来の奥さんと、子供のために
薬を飲んで良い時期について、調べてみました。

スポンサードサーチ

妊婦が薬を飲んで良い時期、ダメな時期

妊娠している時期と、一口に言っても
その状況は、どんどん変わっていきます。

なんてったって、お腹の中では、赤ちゃんが
卵の状態から、人のかたちに、変わっていくわけですからね。

 

赤ちゃんの、成長度合いによって
薬を飲めるか、飲まないほうが良いかが、分かれます。

具体的には、こんな感じですよ。

 

妊娠0~3週

この時期には、風邪薬を飲んでも、問題ありません。

赤ちゃんも、まだ影響を、受ける段階まで
育ってないですからね。

 

というか、そもそもこれくらいの時期だと
妊娠してることにすら、気づいてない事が、多いですし。

気をつける、気をつけない
という、以前の問題であることが、多いです。

 

妊娠4~7週

いよいよ、赤ちゃんの器官など
基礎的な部分が、作られてくるのが、この時期です。

ある意味、この時期が一番大切、とも言えるでしょう。

 

なので、できれば、この時期になると
風邪薬を飲むのは、なるべく、避けたいですね。

赤ちゃんの大事な部位が、構成される時期なので
妊娠中で、最も影響を受けやすい時期と、されていますし。

 

むしろ、風邪薬だけじゃなく
X線など、様々なものにも、気をつけた方がいいです。

生まれてくる子供が、しっかりと形になってくる時期なので
大切にしつつ、ワクワクしながら
お腹を、なでてあげたいですね(^^)

 

妊娠8~15週

一番、大切な時期が過ぎ
安定に入ってくるのが、この辺りです。

すでに、器官なんかの、大切な部位の形成は終わってるので
外から受ける影響は、小さくなるんですね。

なので、もし風邪薬を飲んだとしても
胎児に与える影響は、小さくなっています。

 

とはいえ、まだしっかりと、できあがっていないので
もう少し、避けれるのなら
風邪薬を飲むのも、避けたほうがいいですよ。

大事な子供の事を、考えるのであれば
気にしすぎるってことは、ないですからね。

 

妊娠16週以上

ここまで来ると
胎児も、もう大分安定しています。

まあ、風邪薬も飲まないに、越したことはないですが
医師の指示の下、ある程度は飲めるようになりますね。

この時期になると、目薬や貼り薬、塗り薬など
局所的な、外用薬を使うのは
OKだと言われることが多いようです。

 

もし、薬を飲んだことで何か異常が出た時には
すぐに専門医の先生に見てもらったほうがいいです。

ninshin doctor 300x200 妊娠中の風邪薬は危険!?飲んでいい風邪薬はあるのか?

 

ちなみに、市販薬については
催奇形性の動物実験を基本的にパスしています。

なので、風邪薬の成分によって
赤ちゃんに悪い影響が伝わることは
基本的には無いはずです。

でも、何事にも絶対はないですよね。

そう考えると、どんな小さな危険性も
避けたほうが良い、というのは親なら当然の考えです。

 

それでも、体調が悪いから
風邪薬を使わなきゃ、という場合
どうしたらいいでしょうか。

 

もし妊娠中に風邪薬を使うなら

体調がもの凄く悪くなってしまい
どうしても、風邪薬を使わなければならなくなったとき
普通に飲むのは、ちょっと怖いですよね。

なので、できる限り危険性が少ない風邪薬を
いろいろ調べてみました。

 

その結果、安全そうな風邪薬は
葛根湯のようですね。

 妊娠中の風邪薬は危険!?飲んでいい風邪薬はあるのか?

クラシエ薬品 葛根湯 240錠 【第2類医薬品】

 

どうして葛根湯なのかというと
漢方薬の風邪薬だからです。

 

普通の、西洋医学の薬、というのは
その成分で、菌などを攻撃して
悪い病気などを、治す働きをしています。

いわば、攻撃力が強すぎるので
妊娠中の場合は、赤ちゃんにまで
影響を与えてしまう可能性があって、危険なのですよ。

 

ですが、漢方薬の場合は
もともと、人間が持っている、治癒能力を高めることで
風邪なんかを、治す働きを、しているんですね。

身体能力を強めているだけなので
赤ちゃんにまで、悪い影響を、あたえることは
そうそう無いと言われています。

 

どうしても、という場合には
こういった、危険性の低いものを、選ぶのが
リスクも少なく、良いのでは、ないでしょうか。

あとで後悔するのは、絶対にイヤですからね。

 

もし、風邪以外でも、体調が悪くなって
薬を飲まなければ、いけない場合は
漢方薬にしてみることを、お薦めしますよ。