夏の暑さは年々増しているように感じますが
そんな中でも長距離を走るという
驚くべきマラソン大会が存在します。

それは北海道マラソンです。

hokkaido marason 300x225 北海道マラソンの攻略法のカギは暑さ対策!?

マラソンといえば
やはり基本は冬というイメージが強いと思います。

長距離走るのは体力的にもキツイですし
走ると身体があたたまりますからね。

それを日中にすこし外を出歩くだけでも嫌になるような
この気温の中で大会規模で行う。

そんな珍しいマラソン大会について
ちょっと調べてみました。

 

 

スポンサードサーチ

 

北海道マラソンとは

北海道マラソンは1987年から始まった
国内で唯一の真夏に開かれるフルマラソン大会です。

シーズンが冬に集中することがほとんどなので
年中マラソンに参加したいランナーには
かなりありがたい大会なんじゃないでしょうか。

また、一般の市民ランナーと大会常連のエリートランナーが
一緒になって走れる大会の先駆けとして有名らしいです。

オリンピック参加選手も参加してたりするので
ファンといても嬉しい大会だと思います。

 

最初は439人の参加者から始まったようですが
いまでは15,000人以上のランナーが
この大会のために北海道に集結するほどになったようです。

やはり、夏の大会ということを考えても
開催地が北海道の札幌というのは
ある種の救いですよねw

 

北海道マラソンでの暑さ対策

知人のランナーに聞いてみたのですが
やはり北海道マラソンでいちばん重要なのは
暑さ対策らしいですね。

彼いわく
「暑さ対策=北海道マラソンの攻略法」
と言い切っていました。

たしかに、いくら北海道での開催とはいえ
真夏のマラソンということを考えれば
それも当然なのでしょう。

気温も30度前後まで上がることが多いらしいので
熱中症対策をしっかりしないと
完走すら危ういかもしれません。

 

平均タイムを考えて
だいたい4時間くらいは猛暑のなかを
走ることになります。

そう考えると
そもそも暑さに強い身体を作っておく必要がありますよね。

人間は汗をかいて体温を調整する生き物です。

ですが、汗をかく機能は
普段から慣らしておかないと
うまく汗を書くことができなくなるんですよ。

汗腺が鈍ってしまうんでしょうね。

ですので、大会参加前は
なるべくエアコンを使うことを避けながら
水分を多くとって、汗をかく習慣をつけましょう。

cooler 300x225 北海道マラソンの攻略法のカギは暑さ対策!?

 

また、水を飲むときには一気にガッツリ飲まないで
ちびちびと少しずつ飲むようにしたほうが良いです。

これで身体の中に水分を多く蓄えておき
脱水症状になるのを防げますからね。

こうやって水分を体に蓄える方法を
ウォーターローディングというそうです。

water rading 300x181 北海道マラソンの攻略法のカギは暑さ対策!?

具体的には、試合前の数週間から1ヶ月くらいは
毎日水を1~1.5リットル採るようにします。

身体に水分を浸透させるイメージですね。

あまり水分を取り過ぎると内蔵に負担をかけるので
1回の水分摂取量の目安は、250mlくらいが目安です。

 

北海道マラソンを完走したい!

あるいは新記録を出したいというのであれば
夏の暑さに打ち勝つことは必須と言えます。

北海道まで大会に出場しにいって
熱中症で途中リタイヤというのは
あまりに救われませんからね。

しっかりと暑さ対策をして
満足の行く結果をだせるように頑張ってもらいたいです。